投稿者「gojodental」のアーカイブ

口の中のがんの原因は?

スチュワーデス物語はまさに私の世代のど真ん中ですが、全く観たことがありません。しかしながら、堀ちえみさんが僕らの世代に強烈な印象を残したのは事実です。そんな堀ちえみさんが、ご自身のブログで舌癌の手術を受けたことを公表されました。

長い間、舌癌などの口腔がんは「タバコ」「酒」「合っていない被せ物や入れ歯」が主な原因とされてきましたが、実は隠れた原因に、子宮頸がんでおなじみのヒトパピローマウィルス(HPV)があることが分かってきました。HPVは、簡単に言えば「イボを作るウィルス」であり、脊椎動物のほとんどに分布しています。1980年代に子宮頸癌の研究で、原因がHPVにあることが分かったことで研究が進み、口腔・消化器、泌尿器領域にまで及およぶことが分かってきました。

HPVは、白板症、口腔乳頭腫などの良性病変の発生に、また、口腔領域で最も多い悪性病変である扁平上皮がんの発生に関与するとされています。ここで注意しなくてはならないことがあります。子宮頸部においても口腔領域においても、HPVが感染すれば必ず癌になるというわけではありません。長い持続感染の後に癌になるリスクが高いということです。従って、子宮頸がん検診において、HPVの感染が見つかった方は口の方のがん検診と定期観察が必要になります。

ところで、子宮頸がんワクチンのように、口腔がんを防ぐような方法はないのでしょうか。ワクチンのように、手軽にやることができることも良いのですが、実は日々の歯ブラシや入れ歯の手入れで、口腔がんが予防できることが分かってきています。(日本口腔外科学会雑誌 2010年8月)

論文などによると、将来的には、口腔粘膜への塗布による投与、もしくは食べるワクチンなどが誕生するかも知れないとのことです。しかしその前に、歯ブラシ、定期的なメンテナンス、歯を失わないことが、口腔がんを予防する手軽な方法なのかもしれません。

関連する予防歯科のページはこちら

4月の診療日

<4月の矯正診療日>

11日(木)14:30-18:00

14日(日)9:00-13:00(一般診療は18:00まで)

<4月の日曜診療日>

7日 9:00-18:00

14日 9:00-18:00

27日 9:00-18:00

28日 9:00-18:00

29日 9:00-18:00

また、26日(金)は院内研修のため休診とさせていただきます。

ご迷惑おかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

トイレにカバン掛けを設置いたしました

こんにちは。受付の鎌田です。

皆さまは、昨年末から待合室の洗面所に「意見箱」が設置されているのをご存知でしょうか?これは皆さまからご意見を頂き、より良い医院づくりをしていくために設置しています(下写真)。

今月は、「トイレにバッグをかけるところがあると助かります」という意見を複数いただき、スタッフで検討し設置することとなりました(下写真)。

患者さんの目線でなければ気付けないことがあることを改めて感じたと同時に、今後も様々なことを改善していく余地があると感じました。

いただいた意見を参考に、これからも医院の質向上に努めてまいりますので、皆様からのご意見お待ちしております。

3月の診療日

<3月の矯正診療日>

7日(木)14:30-18:00

17日(日)9:00-13:00(一般診療は18:00まで)

<3月の日曜診療日>

3日 9:00-18:00

10日 9:00-18:00

17日 9:00-18:00

また、29日(金)は院内研修のため休診とさせていただきます。

ご迷惑おかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

入れ歯のお手入れ

前回のブログで、汚れた入れ歯をお口に入れていると、

  • 口内炎の原因になる。
  • お口の軟らかい部分に炎症が起こる。
  • 誤嚥性肺炎を起こす危険がある。

という問題点をお伝えしました。

今回は、これらの予防のための入れ歯のお手入れ方法についてお話しします。

本来、毎食後水洗いするのが理想的ですが、不可能な場合は一日一回丁寧に洗いましょう。

入れ歯の種類には歯が一本もなく、全てを入れ歯によって補う『総入れ歯』と、歯が一本以上残っていて、抜けている部分を補う『部分入れ歯』があります。

総入れ歯で汚れが付きやすいのは、歯と歯の間や歯肉と密着する裏側部分です。また部分入れ歯は、総入れ歯と比較して複雑な形をしていることから汚れが付きやすいので、金属の部分まで念入りに汚れを落としましょう。

手 順

1.  洗面器などに水を張る。

落として破損したり排水口に流したりしないようにする。

2.  入れ歯を外して流水下で清掃する。

  • 入れ歯用ブラシを使用する。
  • 歯磨き粉は付けない。
  • 小さな入れ歯でも、必ず外してから手のひらに乗せて洗面器の上で磨く。
  • ゴシゴシと力を入れすぎない。特に歯肉などに接する面を磨きすぎない。
  • 汚れが残りやすい部分(特に金具の部分など)は丁寧に磨く。

3.   片方の麻痺がある人は、固定できる吸盤付きブラシを使えば片手で洗えます。

※)熱湯や漂白剤につけたり乾燥させたりするのは、変色や変形の原因となるので避けましょう。

就寝前のお手入れ

毎食後のお手入れに加え、就寝前は「義歯(入れ歯)洗浄剤」を使用してお手入れをする。

当院でも入れ歯のお手入れに必要な商品をいろいろとご用意していますので、使用方法のご説明と併せてご提供いたしております。

金沢区の五條歯科医院にお気軽にご相談ください。

関連する入れ歯治療のページはこちら

“歯ぎしり”が起こすトラブル

  1. 歯ぎしりは歯を食いしばって「ギリギリ」と音がすることだと思っている方が多いと思います。必ずしも“歯ぎしり=音が出る”という訳ではありません。

睡眠中の歯ぎしりは音を立てていない方が多く、日本人の約7割が歯ぎしりをしていると言われています。歯ぎしりには主に下記の3つの種類にわけられます。

  1. グラインディング

上下の歯をこすり合わせる歯ぎしり。寝ているときに下あごを左右に繰り返し動かすため、“ギリギリ”と音が出ることがあります。

2. クレンチング

音が出ず、上下の歯を同じ位置で(顎を動かさずに)強く食いしばることが特徴です。

3. タッピング

下のあごをすばやく動かして上下の歯を噛み合わせるため“カチカチ”と音が出ます。

歯ぎしりは、無意識に行われる為に自分自身では気づきにくく、家族に指摘されて気づく方が多いです。

歯ぎしりにより“歯がすり減る・かける”、“歯周病の進行”、“顎関節症を発症”といったトラブルが生じることがあります。その他に肩こりや頭痛、腰痛、目まいや耳鳴り、睡眠障害など様々な症状が引き起こされていると言われています。歯がすり減ると、歯の表面のエナメル質が欠落した部位ができてしまい、象牙質知覚過敏症となることがあります。また、詰め物が取れたり壊れたり、歯そのものが欠けたり割れたりすることもあります。

自分自身の歯ぎしりはもちろん、家族が歯ぎしりをしていてお悩みの方は、金沢区にある五條歯科医院にご相談ください。

関連するむし歯治療のページはこちら

関連する歯周病治療のページはこちら

リスクをカバーするには

前回、加齢に伴うお口の中のリスクの上昇についてお話ししました。

今回は、そのリスクの上昇をカバーするためのセルフケアについて、お話ししたいと思います。

まず、ご自身で行っていただく歯磨きが大切です。

歯磨きできちんと汚れを取り除くことが、セルフケアではとても重要になります。

歯磨きできちんと汚れを落とせているのだろうか、歯ブラシは自分の歯に適したものを使用しているのか、歯間ブラシのサイズは適切か・・・

これらは一度歯科衛生士に診てもらい、自分に合ったものを選んでもらうことをおすすめします。

歯磨きのポイントとしては、歯の面に対してブラシを垂直になるように当てて、1本ずつ小さく動かして磨きましょう。

そして歯磨きの後、歯を舌で触ってみてください。

ざらつきやぬめり感があるときは、ツルツルした感触になるまで磨いてください。

また虫歯予防のためにも、フッ素を取り入れることをおすすめします。

フッ素には、歯を強くする働き・再石灰化を促進する働き・虫歯菌を抑制する働きがあります。

歯磨きの際、フッ素濃度を保つために歯ブラシにフッ素入り歯磨き粉を2cmつけ、磨いた後のうがいは1回にしましょう。

また、就寝前にフッ素配合のジェルやうがい薬なども効果的です。

次に唾液分泌量の低下を補うために、食後にガムを噛む習慣をつけます。

ガムを噛むことで唾液の分泌を促し、自浄作用(歯の表面が自然に洗浄される作用)を補います。

また唾液の分泌を促す、唾液腺マッサージも効果的です。

これらなどを行なうことで、加齢に対してお口の中のリスクを下げることが可能になりますのでぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

金沢区の五條歯科医院では、ひとりひとりにあった歯磨き指導をさせて頂いておりますので、お気軽にご相談ください。

関連する予防歯科のページはこちら

歯ブラシの交換頻度

こんにちは、五條歯科医院で受付を担当しております日比と申します。

今回は、歯ブラシの交換頻度についてお話ししたいと思います。みなさんは、歯ブラシをどのくらいの期間で交換していますか?

使用後の歯ブラシにはなんと1億個以上の雑菌が付いていると言われています。また、毛が開いてしまった歯ブラシは清掃能力が極端に低下するだけでなく、歯や歯茎を傷つけてしまう恐れがあります。ブラシの背中側から見て毛がはみ出していたら交換し、はみ出ていなくても1ヶ月経ったら交換するようにしましょう。

“1ヶ月に1回の交換を忘れそう”という方は、“毎月1日に交換する”などし、覚えやすい日を歯ブラシの交換の日と決める方法はいかがですか。

歯ブラシの使い方についてもっと知りたい方は、ぜひ金沢区の五條歯科医院までお気軽にお越し下さい。

関連する予防歯科のページはこちら

免疫力をあげるセルフリンパケア2

前回に引き続き、免疫力をあげるストレッチをお伝えしたいと思います。

1.肩甲骨を寄せながら胸を開きく/立って両足を伸ばすポーズ

腕の重みを利用し、前屈で肩甲骨と肩甲骨の間を寄せ、胸の前側(鎖骨周辺)をストレッチします。開脚した姿勢で体をしっかり支え、重力にまかせて上半身の力を抜くのがポイントです。

HOW TO

1. 脚を開いて立ち、手を体の後ろで組みます。息を大きく吸って、胸を持ち上げます。息を吐きながら、上体と腕をまっすぐにし、股関節から前屈して5呼吸キープします。

 

 

 

 

 

© 立って両足を伸ばすポーズのステップ/Photo by Shoko Matsuhashi 立って両足を伸ばすポーズのステップ/Photo by Shoko Matsuhashi

2. 後ろで腕を組んだまま、上半身の力を抜いてお腹から前屈します。肩甲骨と肩甲骨の間をできるだけ寄せましょう。この時、膝が曲がってもかまいません。

 

 

 

 

 

© 立って両足を伸ばすポーズ/Photo by Shoko Matsuhashi 立って両足を伸ばすポーズ/Photo by Shoko Matsuhashi

NGポーズ

上半身、首~肩に力が入ったまま前屈すると、腕がラクに下げられず、肩甲骨をうまく寄せ。

 

 

 

 

 

立って両足を伸ばすポーズのNG/Photo by Shoko Matsuhashi 立って両足を伸ばすポーズのNG/Photo by Shoko Matsuhashi

簡単なポーズ

両手首まで合わせるのがつらい場合は、指だけを組みます。この場合も腕を伸ばし、肩甲骨をしっかり寄せましょう。

 

 

 

 

 

© 立って両足を伸ばすポーズの軽減ポーズ/Photo by Shoko Matsuhashi 立って両足を伸ばすポーズの軽減ポーズ/Photo by Shoko Matsuhashi

いかがでしょうか?ヨガやストレッチは、自分の身体のどこを動かしているかを意識しながら行うと、より効果的です。そして、呼吸を同時に行うことがとても大事になります。是非、身体が温まっているお風呂あがりに行ってみてください。

口元美人!! マイナス5歳唇にチャレンジ

♪PURE PURE LIPS 気持ちはYES♪

松田聖子さんの「Rock’n Rouge」を口ずさんでいた頃は、綺麗な色の口紅が似合っていたふっくらとハリがある唇も、ほうれい線とともに目立つ縦じわ。

鏡を見るたび、昭和、平成の移ろいを感じて、ちょっとブルーになるのは私だけでしょうか?

もうすぐ新元号が決まり、新たな時代の幕開けです。気分一新、老け顔撃退。-5歳唇を目指し、口唇ケアを始めませんか?

五條歯科医院のブログに度々登場する、「あいうべ体操」で口唇の血行を促進。

特に「い」と「う」を意識して、しっかりと口を動かします。唇がカサカサした状態で、大きく口を動かすと逆効果になりますので、ホットタオルを使って唇を潤わせた後や、入浴中に行ってください。「い」の発音の時、思い切り口角を上に引き上げるように微笑むと、ほうれい線対策にもなります。

続いて、口腔機能訓練に取り入れられている「パタカラ体操」です。

口を閉じる筋力をつける「パ」の発音トレーニングを応用します。口唇に保湿力のあるリップクリームを多めに塗った後、上と下の歯の間に唇を軽く挟む感じで、「パ」「パ」と繰り返すと、心持ち保湿力がアップした感じがあると思います。夜の洗顔後、お肌に化粧水や乳液をたっぷり補給した後にお勧めします。

あいうべ体操とパタカラ体操を応用した、エクササイズですが、リップクリームの塗り方にも裏技があります。ほとんどの人が、リップクリームを口角へ向かって、横に伸ばすような塗り方をしているのではないかと思いますが、それでは、縦じわの目立つ唇では潤いをキープする効果が弱まってしまいます。スティックタイプのリップクリームは、やや固めなものが多いので、直接唇に塗るよりも、綿棒を使い縦じわに沿って縦方向の伸ばし塗りします。バームタイプを使う場合は、小指でポンポンと唇の上にのせていくような塗り方が最適です。

せっかくケアしても、口呼吸では唇の水分も奪われて乾燥してしまいますので、マイナス5歳唇の仕上げは鼻呼吸を意識してください。

年齢を感じさせない美しい唇を手に入れた後は、お口の中も若返りませんか?

横浜市金沢区の五條歯科医院では、様々なお口のお悩み相談に対応しています。

まずは045-791-0118までご連絡ください。