医院ブログ

力が入る時こそ、優しい動作で!

お子様の仕上げ磨きをしている時、又は介護の現場で歯ブラシをする時

相手に口をつむがれて困っていることはありませんか?

頬の圧が強い、頬が分厚い、頬が硬い、舌が分厚い、などなど困ってしまうこともあると思います。そんな時ほど力ずくでやってしまうと、相手も余計な力が入ってしまい上手くいかないものです。

 

力が入ってしまう時こそ、優しくブラッシングしてあげましょう!

 

たとえば下の歯を掃除したいときは、下唇に指を入れて歯茎部分は痛いので触らず

唇付近の軟らかい歯肉を触りながら下に下げると、相手も痛くないし、歯ブラシをやる側も歯が見やすくきれいに磨けます。

 

また、口を開かないからといって指を無理やり入れて口を開けるのではなく

まずは緊張していく筋肉をゆるませるように顔の周りのマッサージをしてから

徐々に口元に触っていくと、最初は口を空いてくれなかった方も

口を開けやすくなり、お互い楽にブラッシングができます!

 

なのでポイントは優しく!

やる側も、やられる側も気持ちのいい歯磨きができると気持ちがいいですよね!

お困りの方は是非やってみてください!

 

歯が削れるのは何で?

歯が削れてる?なんでだろう?

使ってる歯磨き粉のせい?歯ブラシがへたくそだから?

皆さんが使っている歯磨き粉で確かに歯は削れます。ですが一生使い続けていてもトラブルが起こることはありません。歯磨き粉より歯が削れる影響が大きいのがブラッシング圧や硬めの歯ブラシです。

ブラッシング圧ですが100~200gといわれています。これは毛先が少しだけしなる程度です。だいたいの方がブラッシング圧強いと思います。鏡を見ながら歯ブラシしてみてください。歯ブラシは基本的には普通の硬さの物を使用しましょう。

間違ったブラシを選んだり、磨き方をしていると知覚過敏や根面がむし歯になってしまいますので自分のブラッシングに自身が無かったりどんな歯ブラシを使ったらいいのか分からない方は歯科医院に言って専門の方に見てもらいましょう!!

歯磨き粉の研磨材が歯を削る?

妹とこんな話をしました。

私「歯磨き粉で歯が削られるって知ってたー?」

妹「えーそうなの!?なんで歯磨き粉で歯が削られるの?」

私「歯磨き粉に入っているブツブツが荒すぎて歯が削られるちゃうの」

妹「そうなんだ!!じゃあ歯磨き粉使わない方がいいの?」

私「っておもうけどね、歯が削れる原因は歯磨き粉よりも歯ブラシのする力と毛の硬さのほうが重要なんだよ!」

妹「そうなんだ!今のままで大丈夫なのかな?」

私「衛生士さんにみてもらったほうがいいね」

 

歯が削れるとこんな風になってしまいます。

歯が削れてしまう前に衛生士さんに今のままで大丈夫なのか見てもらいましょう。

 

 

 

キシリトールガム食べていますか?

こんにちは

皆さんは、キシリトールガムを気にして摂取するようにしていますか?

一時期、食後にキシリトールガムを噛むと歯が丈夫になると、

とてもはやっていましたね

 

ガムに添加される代用甘味料には、キシリトールのほかに、ソルビトール、アスパルテールなどがあります。最近ポスカというむし歯予防に効果のあるリン酸オリゴ糖カルシウムのガムも発売されています。

 

これらはプラーク中の細君による発酵製が低く、むし歯の原因となる有機酸がほとんど生産されないという特徴があるそうです。

 

ガムを噛むことにより唾液の分泌も促進されるそうです。

 

歯医者さんでキシリトールガム購入してみませんか!

 

五條歯科医院でもキシリトールガム販売しています。

 

歯医者さんで売っているキシリトールガムは、成分の配合割合も高めになっています。

フッ素を加えたものや、市販品に比べてむし歯予防にも効果を期待できます。

 

是非お試しください。

 

ホームケアのひとつにキシリトールガムも取り入れてみたくださいね。

 

 

 

 

 

 

インビザライン

マウスピースも2つを残すところとなりました。

ただ、画像を見てもらうとわかるように、左上の側切歯が1本だけ、マウスピースを嵌めても浮いているようです。

つまり、動いていません。

専門家でない人には、キレイだと言われるのですが、やはり矯正をやりだすと、もう少しここが・・・と気になってきますね。

癒着していると、何をしても動かない可能性もあるのですが・・・

矯正の先生にも相談してみようと思います

 

あいうべ体操について

こんにちは日比です。

今回は「あいうべ体操」についてお話したいと思います。

あいうべ体操とは口呼吸から鼻呼吸に改善していく口の体操のことです。

口腔機能を良くして唾液を出し自分自身で口腔内のマッサージをします。

人は口呼吸になりやすいので鼻呼吸を意識することが大切です。

口呼吸の改善はいろいろな病気の原因治療につながります。

なのであいうべ体操をしっかり継続している人は自然と鼻呼吸ができるようになり、鼻炎やアトピーも治ると言われています。

あいうべ体操のやり方は

  1. 「あー」と口を大きく開ける
  2. 「いー」と口を大きく横に広げる
  3. 「うー」と口を前に突き出す
  4. 「べー」と舌を突き出して下に伸ばす
  5. これを1日30回を目安に続けてみてください。

誰でも出来る虫歯に勝てる歯を育てる方法

皆さんは、なぜ?むし歯になるのか知っていますか?

歯磨きが不十分。

甘いものがすき。

のどちらかを大多数の人が答えとして出します。

ではこの両方を改善すれば全員がむし歯を防ぐことができ、歯医者さんで治療を受けることなく生活が出来るのでしょうか。

むし歯は防げる次代になりました。しかしまだまだむし歯ゼロの人口は多いとはいえません。

自分の歯を守ることはもちろんですが、将来ある自分の子どもをむし歯から守ってあげたいと思いませんか?

こんな簡単なことで?と知識を持つとむし歯に対する考え方が変わるかもしれません。

フッ素だけを塗ればむし歯が治るわけではありません

むし歯を作った後に治そうとしても遅いのです。

 

私が簡単で誰でもできるむし歯に勝てる歯の作り方を教えます!

8月24日セミナーきてください

「母子健康手帳」は未就学児の健康パスポート

戦前までは「健康な出産」が第一目標でしたが、現在では「より良い育児」を見据えた時代になりました。「母子手帳」から名前も「母子健康手帳」に変わり、出産後も6歳まで子の成長を記すことができるようになりました。子どもの健康状態を記すことで、子どもに何をしなければならないか、何が必要かということを親が確認できて、行政や医療機関とかかわりながら、より良い育児を目指すことができるようになったのです。

 

歯科医院でもぜひ母子健康手帳をお持ちください。

手帳には、各月齢、年齢に応じて、歯・口腔の状態に関して記録する項目も設けられていますのでお子さんに成長記録としても利用できますよ♪

また、小児の時期にかかりつけ歯科医院をみつけることでむし歯予防はもちろん、歯並びのご相談にもいち早く対応できるので安心です。

お子さんの歯について五條歯科医院ではミニセミナーを行う予定です。ぜひご参加くださいね。

 

Come、噛むレシピ Part2~おばあちゃんのおやつ・・・夏休みにいかがでしょうか~

私が生まれ育った地域には「小昼飯」(こぢゅうはんと読みます)という、ちょっとお腹がすいた時に食べる郷土料理があります。

暑い夏の日は料理を作るのも億劫だし、夏休みは毎日昼ご飯を考えなければ…お母さんは大変ですよね。そこで、子どもと一緒に作れる我が家のおばあちゃんの味「たらし焼き」を紹介します。

 

【材料】

冷ご飯     茶碗1杯(小)

シソ(大葉)  10~15枚 (実家では赤シソでした)

長ネギ     1本

小麦粉     2カップ

卵       1個

和風だし    小さじ1

味噌      大さじ2

水       1カップ

油       適量

 

【作り方】

  1.  ご飯はザルに入れ、流水で洗ってぬめりを取ります。
  2.  ネギは小口切り、大葉は千切り(やや太め)にします。
  3.  ボールにすべての材料を入れ混ぜ合わせます。
  4.  フライパンに多めの油をひき、③を好みの大きさ(小判型)にたらして
  5.  両面を焼きます。

 

シソの葉はとても栄養価が高く、ビタミン・カルシウム・鉄分も豊富です。また、香りの成分であるペリアルデヒドには防腐・殺菌効果もあります。ご飯を入れず、お好み焼きのあっさり版のようなたらし焼きが一般的ですが、我が家ではご飯が少し残った時のリメイク料理になっています。またしっかりと焦げ目がつくまで焼くので、噛み応えがあります。

 

夏バテと食中毒が気になるこの季節・・・冷たい麺類だけでなく、しっかりと噛む食事として「たらし焼き」はいかかですか?

レントゲンによる発ガンの可能性

胸部レントゲン写真を撮影すると、被曝します。

 

ある臨床医は「胸部レントゲン写真を撮影しても被曝量は大丈夫ですか?」という質問を患者さんから質問されて、「ほぼ大丈夫です。」と回答しています。

この「ほぼ」が気になりますが、医師としては100%の安全が保障できない以上、こう答えるしかないのです。

 

東日本大震災における福島の東京電力第一原子力発電所の事故があってから、一般的にも放射能被害への関心が高まっています。

ちなみに、人間の体は、何もしていなくても日常生活の上において年間で23 mSv(ミリシーベルト)の自然放射線に晒されているのです。

 

一般の患者さんが心配するのは、医療においてのレントゲンやCT写真を撮影することによる発ガンの可能性です。 

 

病院で撮影される胸部レントゲン写真は1回あたり0.020.1mSv程度です。

また、側面レントゲン撮影は正面レントゲン撮影の34倍の被曝量とされています。

航空機に乗ると宇宙線に晒されますが、国際線の場合で胸部レントゲン写真を撮影するのと同じくらいの被曝量とされています。

そのため、1年間に複数回胸部レントゲンを撮影する患者さんが受ける被曝量は、海外旅行に何度も行くようなものだと指摘されているのです。

 

結論からいうと、この胸部レントゲン写真の場合、通常の撮影では被曝が発がんのリスクになることはほとんどありません。

 

人体が放射線を大量に受けると、白血病やガンを発症する可能性が生ずるということは過去の研究データよりわかっていますが、その放射線の線量は1,000mSv(ミリシーベルト)を超える量なのです。

一般に病院で使用されるレントゲン検査の放射線量は、胸のX線写真1枚で約0.1mSv(ミリシーベルト)の量で、約1万回検査を受けないと1,000ミリシーベルトの線量にはならないのです。

 

歯科の場合ですと、歯科用CTやレントゲンで受ける放射線量は歯科用CTの場合で1枚あたり 0.1mSv (ミリシーベルト)、小さいデンタル写真だと1枚あたり0.01mSv 、大きいパノラマ写真でも1枚あたり0.03mSv とされています。

 

レントゲンによる発ガンの可能性は、心配しなくてもよい事がおわかりになると思います。