スタッフブログ

加齢にともなうお口の中のリスク

年齢を重ねると体にさまざまな変化が現れ、それを加齢変化と言います。加齢変化はお口の中でも起きます。今回は、加齢変化によりお口の中に起きる特徴的な4つのリスクについてお話したいと思います。

1.「歯肉の退縮」

加齢とともに歯を支えている顎の骨が痩せ、歯茎が下がりやすくなります。歯茎が下がることにより歯の根が露出します。歯の根は主に象牙質というものでできており、象牙質は歯の表面(咬む面)にあるエナメル質に比較してとても柔らかく、虫歯のリスクが高まります。

2.「唾液分泌量の低下」

加齢や薬の副作用、噛む力の低下などが原因で唾液の分泌量が減少し、唾液によるお口の中の自浄作用(自然に洗い流される作用)が低下します。自浄作用が低下すると、舌の表面に舌苔(舌に付着する白い苔状のもの)が付きやすく、味を感じにくくなったり味覚が変化したりすることがあります。さらには、嚥下障害・咀嚼障害・発音障害などにもつながることがあります。またお口の中が乾燥することは、虫歯や歯周病の進行・細菌の繁殖による口臭の原因にもなります。

3.「口腔機能や味覚の低下」

口腔機能低下の初期症状として、滑舌の低下やむせ、食べこぼし、噛めない食品の増加などが挙げられます。また、偏った食生活による亜鉛不足も味覚障害の原因の一つとなります。

4.「治療跡の増加」

治療した歯の境目(詰め物と歯の境目)などは汚れがつき易いことがあります。長く生きている分、虫歯や歯周病にかかった経験が多いので、被せものなど治療した歯が多ければ、虫歯や歯周病の発症リスクも高まります。さらに清掃性の悪い被せものなどは歯周病を悪化させ、虫歯を発症させることも少なくありません。

次回は、これらのリスクにどう対応していくかをお話し出来ればと思います。

関連する予防歯科のページはこちら

発達障害の子への食事指導について

こんにちは、五條歯科医院で受付を担当しております日比と申します。

今回は「発達障害の子への食事指導」について、お話ししたいと思います。発達障害の子は、「感覚(味覚、嗅覚、触覚、視覚、聴覚)が過敏」「こだわりが強い」「異なる環境に不安を感じやすい」「見慣れないものへの抵抗が強い」などが認められ、偏食傾向の場合が多いようですが、その原因は一人ひとり異なります。

偏食を改善するためには、食べるのが楽しい雰囲気を作ることや、匂いをかがせたり、材料を目新しい形に切ったりするなど料理の工夫をすることが有効です。また、少しでも改善できたら、そのことを褒めてあげることも重要です。これらより少しずつですが偏食が改善していきます。小さい頃から、食べられるもの徐々に増やしていくことが大切だと思います。

関連する小児歯科のページはこちら

風邪 & インフルエンザを撃退!?免疫力を上げるセルフリンパケア

1月に入り、風邪やインフルエンザが流行しているようです。そこで今回は、免疫力を高めるストレッチをお伝え致します。

デコルテのリンパ節「鎖骨の裏側」をケアしよう

リンパとは・・・「リンパ液」、「リンパ管」、「リンパ節」の総称であり、リンパ系とも呼ばれます。リンパ液は漿液性の液体を指し、血漿成分からできています。血液が栄養や酸素を送る役割を持っているのに対し、リンパは体内で不要になった老廃物や疲労物質を回収して運搬する役目を担っています。毛細血管に入らないほどの老廃物や毒素はリンパ管へと取り込まれ、リンパ液と共にリンパ節へと運ばれます。老廃物や毒素はリンパ節で濾過され血管へと送られたのち、腎臓で濾過され尿となり排出されます。

この一連の流れの中には、文字通りの「排泄機能」と、体を守る「免疫機能」の意味があります。リンパ節で細菌などを濾過することで、全身に細菌が行き渡らないようにしています。さらに管内リンパの主な細胞成分であるリンパ球は、一度対戦したウイルスや細菌の性質を記憶しています。これは次に同じウイルスなどが侵入してきた際に、それに対抗できる抗体の生産を行い素早く外敵を退治し、健康を守ることに繋がっているのです。(デコルテとは、首から胸元に掛けての部分を指す単語です)

デコルテのリンパが滞ると・・・

末端の毛細リンパ管は、最終的に鎖骨奥の「静脈角」から心臓へ戻ります。全身のリンパの流れを良くするには、リンパ管の集まるデコルテ周辺の滞りを改善することが大切です。

冬場は寒さで身体か縮こまり、猫背や巻き肩などにより背中部分の筋肉が硬く緊張してしまいがちです。そしてその影響を受け、身体の前側の筋肉も強張りがちです。このような状態ではリンパ管の集まるデコルテ周辺の筋肉も硬くなってしまい、リンパの流れを滞らせてしまいます。

まずは、胸を大きく開くポーズを行い、リンパの流れを根本から改善することからはじめましょう。硬直して上に引っ張られたデコルテまわりの筋肉を、伸ばしてゆるめるケアを行います。

HOW TO

4本の指を交差させてデコルテ全体を押さえる。吸う息で上を向き、あごを上に突き出して3つカウント。吐く息で戻り、これを3回繰り返して。

© 鎖骨ストレッチ/Photo by Shoko Matsuhashi 鎖骨ストレッチ/Photo by Shoko Matsuhashi

人差し指を鎖骨の上あたりにのせてしっかりと押さえ、首の筋肉まで伸ばすことが、効果的なストレッチのポイントです。

今回は、簡単なデコルテまわりのストレッチの方法をお伝えいたしました。次回も冬場に役立つリンパケアをお伝えしたいと思います。

関連する予防歯科のページはこちら

入れ歯のはなし

日本人の入れ歯人口は約一千万人と言われており、そのうち半数以上の人が、入れ歯が合わないと感じています。

入れ歯は、最初合っていても、時間の経過と共に口そのものの状態(形態)の変化や、入れ歯自体の変形などにより徐々に合わなくなり、違和感が出てきます。

入れ歯は一生そのまま使用出来るものではありません。

お口に合っていない入れ歯を入れ続けていると、以下のような問題が起こる可能性があります。

・硬いものや歯ごたえのあるものが食べられない。

・食が細くなりエネルギー不足で体力や免疫力が低下する。

・食べたり話したりすることに苦痛を感じて、口を使わなくなり口の機能が低下する。

また汚れた入れ歯を付けていると、

・口臭が気になるようになる。

・入れ歯に付く歯垢が溜まり口内炎の原因になる。

・入れ歯による刺激や圧迫で、歯肉や入れ歯のへりに炎症が起こる。

・唾液に含まれる細菌が増え、気管に入ると誤嚥性肺炎を起こす危険がある。

など注意が必要です。

毎食後入れ歯は外して入れ歯もブラシをかけ、お口の中の清潔を保つようにしましょう。

少しでも入れ歯に違和感があれば、「自分に合う入れ歯」になるよう、五條歯科までご相談下さい。

関連する入れ歯治療のページはこちら

インフルエンザにご注意!

いよいよ本格的な受験シーズンが幕を開けました。

この時期、受験生やそのご家族の皆さんが最も心配なさるのは、「インフルエンザにかかること」だと思います。斯く言う私も3年前、受験生の母として「本番当日の発症だけは何としても避けたい」と心から叫んでおりました。

一般的にインフルエンザの予防方法といわれているのは、

  1. インフルエンザワクチンの接種
  2. 手洗い・うがい
  3. マスクの着用

などがあげられますが、実は「口腔ケア」もインフルエンザの感染予防に有効です。

口腔内の細菌が作り出す、ノイラミニダーゼという酵素は、インフルエンザウイルスが粘膜内に侵入するのを増長します。そのため、適切な口腔ケアが行われていないと、インフルエンザに感染するリスクが高くなると言われています。実際に、介護施設の高齢者を対象にした調査では、「適切な口腔ケアを実施した人と、そうでない人のインフルエンザ発症率を比較すると、前者の発症率が後者に比較し1/10になった」という報告もあります。

インフルエンザなどの感染症予防のポイントは、毎食後の歯みがきに加えて、丁寧にしっかり行う就寝前の歯みがきです。就寝中は、唾液の量が減少し、細菌が増殖しやすい環境になります。また、細菌は、舌の上にも多く生息しているため、歯みがきと一緒に舌みがきも忘れず行ってください。口腔内を清潔に保ち、インフルエンザを予防しましょう。

頑張っている受験生の皆さんに、桜が咲きますように・・・

関連する予防歯科のページはこちら

仕上げみがきのコツ

歯磨きの時に、お子さんの仕上げ磨きをしてあげていますか?

嫌がったり、じっとしてくれなかったりすることが多く、難しく感じている方も多いのではないでしょうか。今回は歯磨き好きなお子様を育てる、上手な仕上げ磨きのコツをお伝えしたいと思います。

歯ブラシで仕上げ磨きを始める時期は、上の前歯(乳前歯)が4本生え揃う頃が良いとされています。それまでは歯ブラシを使うことに無理にこだわらず、指やガーゼで優しくぬぐうようにし、ケアに慣れさせることを優先しましょう。

コツ1 “おどろかせない”

いきなり歯ブラシを口に入れようとせず、まず歯ブラシで唇や舌の先などを刺激し、「今から歯ブラシを入れるよ」のサインを送りましょう。

コツ2 “息苦しくさせない”

口の中に歯ブラシが入っている間、息を止めている子が多くいます。一気に磨こうとすれば、呼吸ができない時間が長くなり、苦しくなってしまいます。何秒間という目標を作り、数をかぞえながら磨きましょう。年齢の数+2秒までを参考にして下さい。また1回ごとに歯ブラシを口の中から出し、息継ぎをさせてあげましょう。

コツ3 “痛くしない”

歯ブラシは、痛みを感じない程度に軽い力で細かく動かしましょう。

仕上げ磨きのことでお困りの際は、五條歯科医院までご相談ください。

関連する小児歯科のページはこちら

糖尿病と歯周病②

前回は、糖尿病についてお話ししました。今回は、糖尿病と歯周病の関係についてお話ししたいと思います。

歯周病は感染症であるため、その進行度合いは体の免疫力に左右されます。糖尿病は免疫力が低下した状態になるため、一般的に感染症に対し脆弱となります。従って、糖尿病が適切にコントロール(適切な血糖値のコントロール)されていないと、感染症である歯周病は重症化しやすく、歯周病治療を開始してもうまく進まないことがあります。つまり糖尿病と診断された方が、歯周病を適切に管理し治療するためには、歯周治療に先立ち、まずは糖尿病の治療を行うことが重要と言えます。内科に通院し血糖値の推移の管理、食事、運動、服薬などの指示を守り、血糖値を適切にコントロールしましょう。

歯科領域としては、糖尿病に罹患している方は罹患していない方よりも歯周病菌を殺す能力が低いため、歯周病菌を機械的に減らすことがとても重要です。機械的に減らすとは物理的に除去することであり、具体的にいうと歯磨きです。歯周病菌は、その他の多種の菌と集まり、歯垢(プラーク)を形成して歯に付着しており、自然にはなかなか除去されない状況となっています。従って、毎日の歯磨きで歯垢を機械的に落とすことがとても重要です。また、歯磨きが効果的にできているかを定期的にチェックしてもらう必要もあります。歯科衛生士と二人三脚で管理していきましょう。その際、ご自身での管理が難しい部分については、プロフェッショナルケアを行い、歯科衛生士がフォローします。五條歯科医院の歯科衛生士に是非ご相談ください。

関連する予防歯科のページはこちら

健口体操〜飲み込むための筋トレ〜

冬将軍の到来。体が縮こまり、つい、「前かがみ」になっていませんか。

今回は、美味しいご馳走を安全に召し上がるために、

お食事前の健口体操をご紹介いたします。

まず始めに、

足の裏をしっかりと床につけて椅子に座り、深呼吸。

  1.  鼻から息を吸って、口から吐いて…3回繰り返します。
  2.  首を前後左右、ゆっくり倒します。
  3.  肩を上下に3回、動かします。
  4.  両手首をブラブラと数回、振ってください。

手首の力が抜けることで、肩から腕全体の筋肉もほぐれます。

続いて、「あいうべ体操」を行います。

  1.  お口を大きく開けて「あ」。
  2.  唇を横に引っ張るように口角を広げて「い」。
  3.  お口をすぼめて「う」。
  4.  舌を「ベェー」と下に伸ばします。

「あいう」でお口の周りの筋肉をほぐし、

「ベェー」と舌を大きく動かすことで

唾液の分泌を促すことができ、

食べ物が飲み込みやすくなります。

体をほぐして、美味しいご馳走を食べて、

2019年も良い年になることを願います。

五條歯科医院では、患者様のお口の状態に合わせた

口腔リハビリ方法をお伝えしていますので、

詳しいことは、スタッフにお尋ねください。

関連する予防歯科のページはこちら

 

一生笑って 喋って 食べられる 社会を作る

以前のブログに引き続き、訪問歯科診療で気付いたことをお伝えしたいと思います。

訪問歯科診療をしていると、受診されている患者さんの中に、100歳近いご年齢の患者さんが多くいらっしゃることに驚きました。みなさん年齢を感じさせないくらい元気があり、訪問歯科診療に伺うと、私たちが患者さんから元気をもらうことも多いです。共通点としては、みなさん食事をしっかりと摂られているということです。これらの患者さんを見ていると、歯の残りの本数にかかわらず、食事を適切に摂ることは、身体にとってとても重要であるとあらためて認識させられました。

訪問歯科診療では、口の中のクリーニングはもちろんのことですが、口腔機能検査も行っています。加齢と共に、身体の機能だけではなく、飲み込みなどのお口の機能も衰えてきます。口腔機能検査は、お口の機能全体を定期的に評価し治療計画の立案や修正を行うもので、より適切な口腔ケアを行うことが可能となります。

一生笑って、喋って、食べられるよう、私たちは全力で患者さんをサポートしていきます。

関連する訪問治療のページはこちら

みんなで長生きのお手伝い

お口は食べ物の入り口であると同時に、呼吸のための入り口でもあります。体温で温度が保たれ、唾液もあり、食事が入ってくるということで、細菌にとってまさに生きやすい環境の場所。従って細菌は、手入れを怠るとその数を爆発的に増やしてしまいます。

「毎日朝晩歯を磨いて口の中を清潔に保つ」といった基本的な口腔ケアが、糖尿病、腎臓病、心筋梗塞、さらには認知症など全身の疾病に深く関係していることが、最近の研究で明らかになっています。

う蝕(虫歯)、歯周病にならないためにも、口腔ケアが大切になってくるのですが、介護が必要な高齢者の場合は、これに「誤嚥性肺炎の予防」が追加されます。口から食道へ入るべきものが気管に入ってしまうことを“誤嚥”と言います。誤嚥性肺炎とは、物を飲みこむ働きが弱まり唾液や食べ物、胃液などと一緒に細菌を気道に吸引してしまい惹起する肺炎のことを言います。そしてこの誤嚥性肺炎は、死因の第三位となっており、予防のためには、効果的な口腔ケアを継続して行う必要があります。

訪問歯科診療では、多くても週一回訪問ですので、毎日の口腔ケアは患者さん本人やご家族などの介護者、他職種(訪問看護師、ヘルパー)にお願いしなければなりません。まずは、ご本人にセルフケアの方法やコツをアドバイスし、取り組んでいただきます。疾患の特徴・進行具合などから患者さん自身で出来る範囲は異なりますが、生活のリズムやリハビリとして、セルフケアは必要だと考えます。そして、口腔内細菌を少しでも減らして長生きしてもらうために、周りの皆で口腔ケアに関わることが出来れば、口腔内のプラーク(歯垢)の質や付着状況の改善、歯肉炎の軽減につながり、毎回のブラッシングの負担も少なくなります。

現在訪問歯科診療で関わらせていただいている患者さん、またご家族の取り組みにより、口腔内環境の向上から、“食欲が出てきました”、“発声が良くなりました”、などの声をお聞きし、嬉しい効果を実感しています。

皆で関わることで喜びや悩みを共有し、相談もしながら、長生きのお手伝いができる環境を作ることが理想ではないかと思います。その一員として、歯科衛生士の立場で協力していきたいと思っております。

関連する訪問治療のページはこちら