義歯

入れ歯のお手入れ

前回のブログで、汚れた入れ歯をお口に入れていると、

  • 口内炎の原因になる。
  • お口の軟らかい部分に炎症が起こる。
  • 誤嚥性肺炎を起こす危険がある。

という問題点をお伝えしました。

今回は、これらの予防のための入れ歯のお手入れ方法についてお話しします。

本来、毎食後水洗いするのが理想的ですが、不可能な場合は一日一回丁寧に洗いましょう。

入れ歯の種類には歯が一本もなく、全てを入れ歯によって補う『総入れ歯』と、歯が一本以上残っていて、抜けている部分を補う『部分入れ歯』があります。

総入れ歯で汚れが付きやすいのは、歯と歯の間や歯肉と密着する裏側部分です。また部分入れ歯は、総入れ歯と比較して複雑な形をしていることから汚れが付きやすいので、金属の部分まで念入りに汚れを落としましょう。

手 順

1.  洗面器などに水を張る。

落として破損したり排水口に流したりしないようにする。

2.  入れ歯を外して流水下で清掃する。

  • 入れ歯用ブラシを使用する。
  • 歯磨き粉は付けない。
  • 小さな入れ歯でも、必ず外してから手のひらに乗せて洗面器の上で磨く。
  • ゴシゴシと力を入れすぎない。特に歯肉などに接する面を磨きすぎない。
  • 汚れが残りやすい部分(特に金具の部分など)は丁寧に磨く。

3.   片方の麻痺がある人は、固定できる吸盤付きブラシを使えば片手で洗えます。

※)熱湯や漂白剤につけたり乾燥させたりするのは、変色や変形の原因となるので避けましょう。

就寝前のお手入れ

毎食後のお手入れに加え、就寝前は「義歯(入れ歯)洗浄剤」を使用してお手入れをする。

当院でも入れ歯のお手入れに必要な商品をいろいろとご用意していますので、使用方法のご説明と併せてご提供いたしております。

金沢区の五條歯科医院にお気軽にご相談ください。

関連する入れ歯治療のページはこちら

入れ歯のはなし

日本人の入れ歯人口は約一千万人と言われており、そのうち半数以上の人が、入れ歯が合わないと感じています。

入れ歯は、最初合っていても、時間の経過と共に口そのものの状態(形態)の変化や、入れ歯自体の変形などにより徐々に合わなくなり、違和感が出てきます。

入れ歯は一生そのまま使用出来るものではありません。

お口に合っていない入れ歯を入れ続けていると、以下のような問題が起こる可能性があります。

・硬いものや歯ごたえのあるものが食べられない。

・食が細くなりエネルギー不足で体力や免疫力が低下する。

・食べたり話したりすることに苦痛を感じて、口を使わなくなり口の機能が低下する。

また汚れた入れ歯を付けていると、

・口臭が気になるようになる。

・入れ歯に付く歯垢が溜まり口内炎の原因になる。

・入れ歯による刺激や圧迫で、歯肉や入れ歯のへりに炎症が起こる。

・唾液に含まれる細菌が増え、気管に入ると誤嚥性肺炎を起こす危険がある。

など注意が必要です。

毎食後入れ歯は外して入れ歯もブラシをかけ、お口の中の清潔を保つようにしましょう。

少しでも入れ歯に違和感があれば、「自分に合う入れ歯」になるよう、五條歯科までご相談下さい。

関連する入れ歯治療のページはこちら

入れ歯の方の食事について

入れ歯のかみ合わせが合わなかったり、装着時に痛みがあったりすると、食事を美味しく味わって食べることに支障をきたし、食欲不振や栄養不足の原因になる可能性があります。また、入れ歯が外れやすいと良く噛んで食べることができません。

部分入れ歯では、食事中などに外れて飲み込んでしまう危険性もありますので、定期的に入れ歯のチェックや調整をすることがとても大切です。

また普段の食生活においては、食材そのものを噛みやすいよう工夫をすることがあげられます。今回は、ご自身でできる調理時の工夫や、義歯でも食べやすいレシピ(義歯食レシピ)をご紹介致します。

  • 食材の大きさ

小さめに切ったり隠し包丁を入れたりして、噛みやすくなる工夫をして下さい。ただし、薄すぎるとかえって噛み切りにくくなります。また、みじん切りなど細かすぎるものも、口の中でまとまらず飲み込みにくくなったり、入れ歯と歯茎の間に入り込んだりするので不向きです。

  • 食材の硬さ

特に総入れ歯では硬いものを前歯で噛むと外れやすくなり、歯茎も傷つきやすくなるので、噛み切りやすい硬さに煮るなど工夫しましょう。

  • 食材の温度

総入れ歯の場合は、上顎で温度を感じにくくなっています。熱すぎても気付きにくく、やけどしやすくなることがあるので、食材の温度には充分に注意しましょう。

 

————————

 

ここで義歯食レシピの「豆腐とんかつ」をご紹介します。

 

1.豆腐をキッチンペーパーで包み、一晩冷蔵庫に置く。

2.塩・胡椒したロース肉を1の豆腐に巻きつける。

3.小麦粉・溶き卵・パン粉をつけ、揚げる。

 

皆さんも是非作ってみてください。

関連する入れ歯治療のページはこちら

食事に対する不安

歯を失ってしまうと、まず障害になるのが食事の不便になります。
食事と言うのは、私達人間の健康を支える上で最も大切なものだからです。
ですので、医師側からすると、義歯をつくる上でまず考えなくてはいけないのは快適に食事ができる装着感と言う事になります。
高齢になって次第に歯が悪くなってくると、柔らかい食事しか摂れない方が少なくありません。
「食事を楽しめない」と言うのは、その方の生活の質を大きく低下させてしまうのです。
でも、適切な治療で患者さんに適合した義歯を作れば以前のように何でも美味しく食べる事が可能なのです。

見た目の懸念

義歯を作る際に、医師側が最も留意するべき事は問題なく食事ができるかどうかになります。
せっかく入れ歯を作ったのに、かみ合わせが悪かったりすると食事を楽しめなくなるからです。
でも患者さん側にすると、もう一つ大変気になるのが「見た目」なのです。
人の第一印象は口元からと言われるほど、どなたも美しい歯を自分のものにしたいと思われています。
歯科医療というのは、ただ単にむし歯を治すだけではなく、人から見てキレイな口元を作る審美面もある医療なのです。
自費での治療費は高いと言われていますが、長く使える、健康で美しい口元を確実に自分のものにできるのもまた事実なのです。

ホワイトクラスプ

人の印象度の中で、実は口元が大きく左右されると言われています。
どんなに外見を整えていても、肝心の口元が美しくないと良いイメージを持たれなくなってしまうのです。
歯を失ってしまうと入れ歯を入れる事になってしまいますが、特に部分入れ歯の場合の残っている歯と入れ歯を固定する為の金属のバネ(クラスプ)が目立ってしまうのを敬遠される方が少なくありません。
そんな方には、金属バネの部分をアセタル樹脂という歯科用プラスチックで作るホワイトクラスプをお勧めします。
このホワイトクラスプは、噛み合わせに合わせる柔軟性があり、装着感も快適なのです。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯とは、差し込み式になって固定する構造の義歯で義歯の安定感や食べ物を噛む能力を高めるメリットがあります。
現在、多くの歯科医院で行われている磁性アタッチメント義歯とは、入れ歯と残っている歯それぞれに磁石を取り付けることによって義歯を固定する方法です。
他にはバーアタッチメントデンチャーといわれる方法があり、こちらは残っている歯の歯根に金属の土台を取り付けて金属バーで連結し、そのバーを挟むクリップの付いた入れ歯を装着させる方法です。
快適な装着感があるアタッチメント義歯ですが、どちらも歯根が残っている患者さんにしか適用できない条件があります。

ミニインプラント義歯

インプラントによる義歯のメリットは別ページでも説明しましたが、特に高齢者に適した義歯がミニインプラント義歯です。
この義歯は、まず通常のインプラントよりもずっと小さいミニインプラントを数本、顎の骨に埋め込み、その上に入れ歯を装着して固定させる方法になります。
ミニインプラントのヘッドが球状になっていて、義歯の内面のボールアタッチメントの両方が、ちょうどホックで止めるように義歯を安定させる構造になっています。
通常の入れ歯よりも快適に食事ができ、費用もインプラント治療よりも安価なうえ、術後のダメージも少なく施術を受けたその日から食事ができるのがミニインプラントの特徴と言えるでしょう。

インプラントによる義歯

インプラントというのは、歯が抜けてしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その歯根の上から人工歯を取り付ける治療法です。
自分の歯に近い噛み心地と美しい見た目が得られるインプラントですが、このインプラントを使って義歯を作る方法もあるのです。
インプラントの義歯治療では、まず2本から4本のインプラントを顎の骨に埋めて、これをベースにして義歯を安定させます。この方法だと、歯茎を切開せずに埋入することができるので痛みや腫れが全どなく、少ないインプラントで義歯を固定させられるので治療コストを抑えられるメリットもあるのです。

要介護者の義歯に付着する呼吸器疾患を起こす細菌について

Colonization of denture plaque by respiratory pathogens in dependent elderly.
目的
全部床義歯のデンチャープラーク細菌叢についてのより詳細な情報を得ることと要介護高齢者の呼吸器系疾患を誘発する可能性がある口腔内の感染性病原菌の存在を評価すること
結果
18 種類の細菌種が検出され,Streptococcus spp.(98%),Candida spp.(80%),Neisseria spp.(64%)が多かった.
要介護高齢者 50 名中 23 名の全部床義歯から呼吸器疾患を引き起こす可能性を有する病原菌が検出された
結論
・ 呼吸器感染を引き起こす可能性がある細菌が要介護高齢者の全部床義歯に凝集していた.
・ デンチャープラークは呼吸器疾患を引き起こす可能性がある病原体が中咽頭部での凝集を促進する貯蔵庫として働いているかもしれない
【五條の考察:要介護者とそうでないの違いが出せていないが確実に義歯を入れると口腔内が不潔に近づく。レビューのPotential pathogenic aspects of denture plaqueを参考にしたい】