義歯

食事に対する不安

歯を失ってしまうと、まず障害になるのが食事の不便になります。
食事と言うのは、私達人間の健康を支える上で最も大切なものだからです。
ですので、医師側からすると、義歯をつくる上でまず考えなくてはいけないのは快適に食事ができる装着感と言う事になります。
高齢になって次第に歯が悪くなってくると、柔らかい食事しか摂れない方が少なくありません。
「食事を楽しめない」と言うのは、その方の生活の質を大きく低下させてしまうのです。
でも、適切な治療で患者さんに適合した義歯を作れば以前のように何でも美味しく食べる事が可能なのです。

見た目の懸念

義歯を作る際に、医師側が最も留意するべき事は問題なく食事ができるかどうかになります。
せっかく入れ歯を作ったのに、かみ合わせが悪かったりすると食事を楽しめなくなるからです。
でも患者さん側にすると、もう一つ大変気になるのが「見た目」なのです。
人の第一印象は口元からと言われるほど、どなたも美しい歯を自分のものにしたいと思われています。
歯科医療というのは、ただ単にむし歯を治すだけではなく、人から見てキレイな口元を作る審美面もある医療なのです。
自費での治療費は高いと言われていますが、長く使える、健康で美しい口元を確実に自分のものにできるのもまた事実なのです。

ホワイトクラスプ

人の印象度の中で、実は口元が大きく左右されると言われています。
どんなに外見を整えていても、肝心の口元が美しくないと良いイメージを持たれなくなってしまうのです。
歯を失ってしまうと入れ歯を入れる事になってしまいますが、特に部分入れ歯の場合の残っている歯と入れ歯を固定する為の金属のバネ(クラスプ)が目立ってしまうのを敬遠される方が少なくありません。
そんな方には、金属バネの部分をアセタル樹脂という歯科用プラスチックで作るホワイトクラスプをお勧めします。
このホワイトクラスプは、噛み合わせに合わせる柔軟性があり、装着感も快適なのです。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯とは、差し込み式になって固定する構造の義歯で義歯の安定感や食べ物を噛む能力を高めるメリットがあります。
現在、多くの歯科医院で行われている磁性アタッチメント義歯とは、入れ歯と残っている歯それぞれに磁石を取り付けることによって義歯を固定する方法です。
他にはバーアタッチメントデンチャーといわれる方法があり、こちらは残っている歯の歯根に金属の土台を取り付けて金属バーで連結し、そのバーを挟むクリップの付いた入れ歯を装着させる方法です。
快適な装着感があるアタッチメント義歯ですが、どちらも歯根が残っている患者さんにしか適用できない条件があります。

ミニインプラント義歯

インプラントによる義歯のメリットは別ページでも説明しましたが、特に高齢者に適した義歯がミニインプラント義歯です。
この義歯は、まず通常のインプラントよりもずっと小さいミニインプラントを数本、顎の骨に埋め込み、その上に入れ歯を装着して固定させる方法になります。
ミニインプラントのヘッドが球状になっていて、義歯の内面のボールアタッチメントの両方が、ちょうどホックで止めるように義歯を安定させる構造になっています。
通常の入れ歯よりも快適に食事ができ、費用もインプラント治療よりも安価なうえ、術後のダメージも少なく施術を受けたその日から食事ができるのがミニインプラントの特徴と言えるでしょう。

インプラントによる義歯

インプラントというのは、歯が抜けてしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その歯根の上から人工歯を取り付ける治療法です。
自分の歯に近い噛み心地と美しい見た目が得られるインプラントですが、このインプラントを使って義歯を作る方法もあるのです。
インプラントの義歯治療では、まず2本から4本のインプラントを顎の骨に埋めて、これをベースにして義歯を安定させます。この方法だと、歯茎を切開せずに埋入することができるので痛みや腫れが全どなく、少ないインプラントで義歯を固定させられるので治療コストを抑えられるメリットもあるのです。

要介護者の義歯に付着する呼吸器疾患を起こす細菌について

Colonization of denture plaque by respiratory pathogens in dependent elderly.
目的
全部床義歯のデンチャープラーク細菌叢についてのより詳細な情報を得ることと要介護高齢者の呼吸器系疾患を誘発する可能性がある口腔内の感染性病原菌の存在を評価すること
結果
18 種類の細菌種が検出され,Streptococcus spp.(98%),Candida spp.(80%),Neisseria spp.(64%)が多かった.
要介護高齢者 50 名中 23 名の全部床義歯から呼吸器疾患を引き起こす可能性を有する病原菌が検出された
結論
・ 呼吸器感染を引き起こす可能性がある細菌が要介護高齢者の全部床義歯に凝集していた.
・ デンチャープラークは呼吸器疾患を引き起こす可能性がある病原体が中咽頭部での凝集を促進する貯蔵庫として働いているかもしれない
【五條の考察:要介護者とそうでないの違いが出せていないが確実に義歯を入れると口腔内が不潔に近づく。レビューのPotential pathogenic aspects of denture plaqueを参考にしたい】

義歯の正しいメンテナンス 2014年11月月刊歯科衛生士より

義歯のケアに対する誤解
義歯のケアはいわゆる「むし歯予防、歯周病予防、口臭予防」ではない「歯周病病原細菌と関連性が高いとされる全身疾患(糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化、誤嚥性肺炎など)の改善や予防」であることを啓蒙しなくてはならない
義歯使用者の88%は口腔内が不潔であることが報告されている
義歯の効果的な洗浄方法は大半の人が知らない。また80%の人が義歯を間違った方法で洗浄している
【考察:ただしこれらの実験がブラジルの実験であり、実態に即していないところもある。】
義歯洗浄の基本は義歯用ブラシによる器械的洗浄、化学的洗浄は器械的洗浄を補うもの
にもかかわらずメディアの功罪のため「義歯洗浄剤を使えば大丈夫」と思っている患者が日本には多い
媒体による影響力は大きい
義歯は細菌の温床になる
義歯の構成要素の境目がデンチャープラークの温床になりやすい
義歯の構成要素は基本、金属とレジンだが金属の粗造な面にプラークがつく
またレジンは内部に伝チャープラークの侵入をゆるし、継時的に劣化をし、さらにデンチャープラークが増殖しやすい環境を作り出す
【五條考察:レジンにカンジダなどの菌が付着し増殖することは歯科医師は知っている。また義歯自体の医学的寿命が3年前後であることも知っている。にもかかわらずほとんどの患者が義歯が10年以上は使えると信じていることに注意をしなくてはいけない】
「唾液を媒体としてデンチャープラーク内の細菌を、全身の臓器に拡散している」ことを啓蒙する必要がある
特に日本人の死亡原因第3位の細菌性肺炎は歯科医療従事者が注目すべき疾患である

訪問診療でも義歯はぴったり

訪問診療で困るのは
義歯を使っていなくて口が入れ歯を受け入れれなくなっている状態の時です
口の周りの筋肉が元に戻ってきて
食べれる、咀嚼できる口になってくれば
入れ歯も自然とおさまってきます
上のリンクの動画を見てくれればわかりますが
吸い付いて離れません
入れ歯になったら老い支度
普段から入れ歯を使ってもしもの時に備えましょう
IMG_5330.MOV.jpg

保険適用

歯の治療には保険適用のものと自費治療のものがあります。
分かりやすいのが、差し歯や義歯の治療です。
この分野での保険適用と自費治療では、その快適性や見た目の美しさには大きな差が存在しています。
いわば既製服と細かく採寸をしたオーダーメイドの違いでしょうか。
そんなメリットのある自費治療ですが、治療費の高い点がネックになっているとの声があります。
しかし、日本は歯科分野において世界有数の充実した保険治療国なのです。
実は世界中で、入れ歯が保険で入れられる国は殆どなく、ドイツと日本だけが例外で、そのドイツでも半額は自己負担なのです。
審美性の高い治療は別にして、基本的な治療費が安く設定されている日本ではもっと積極的に歯科治療を受けて頂きたいと考えています。