予防歯科

歯科医院でのフッ化物塗布とは???

皆さんこんにちは。皆さんフッ素はご存知ですか?

今はCMなどでもフッ素配合の歯磨き粉なんかも耳にするので知っている人も多いかもしれません。フッ素は歯を丈夫にしてむし歯になりにくくしてくれます!

 

フッ素塗布の効果

むし歯になる原因に対して、フッ素塗布の以下のような働きが、「歯」と「お口の中の細菌」に作用し、むし歯になりにくくする効果があるとされています。

 

  1. 唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助ける
  2. 歯の質を強化し、酸から歯を溶けにくくする
  3. 酸の生成を抑える

 

乳幼児・子どもへの効果

「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」は、歯の質が弱くむし歯になりやすいため、フッ素を塗ると予防効果を大きく期待できるとされています。

 

当院ではこのような効果のあるフッ素入り歯磨き粉があり、患者様の口腔内に応じて歯磨き粉を処方させていただきます。おうちでのセルフケアはとても大切です。

では実際どのくらいのフッ素が入っているかというと…

日本では薬事法にかかる承認基準で、フッ化物イオン濃度は1,000ppm以下に定められています。950ppm程度が殆どで、子ども用として500ppmと100ppmがあります。

歯磨き粉の形態としては、ペースト状が一般的です。子ども用に研磨成分を含まないジェル状(500ppm)・泡状(950ppm)・液体(スプレー式:100ppm)があり、これらは吐き出しのできない低年齢児に向いています。

 

など、おうちでも簡単にフッ素入り研磨剤でセルフケアをすることが可能です!

皆さんも、自分のお口を歯科医師、歯科衛生士にどのような状態か確認してもらい

お口に合ったかフッ素入り研磨剤で、歯を丈夫にしてみませんか??

 

 

歯磨き粉選びでお困りの方へ

皆さんは、発砲剤の入った歯磨剤(歯磨き粉)使うとブラッシングの時間が短くなると聞いたことがありますか?

発泡剤(歯磨き粉)の泡立ちが良いとそれだけで満足してしまい、あまり隅々まで磨けていないのではないかといままで私は思っていました。

 

専門誌を読んでいたらそのことについて書いてありました。

 

発泡性のある歯磨剤(歯磨き粉)を使って歯磨きの実験をしてみたらそのような事実はなかったそうです。

 

現代の歯磨剤(歯磨き粉)は、発泡剤の発泡性も低く抑えられていて、

歯磨剤の泡立ちが原因でブラッシング時間が短縮することもないそうです。

発泡性剤の機能は成分を分散させ、その成分の機能を発揮しやすくしてあるそうです。

この機能のおかげでフッ化物(フッ素)を口の中にいきわたらせてくれるそうです。

再石灰化現象の促進にもつながるそうです。

さらに、発泡剤が配合されていることにより、歯磨剤(歯磨き粉)の使用量が少なくても効果的に綺麗にでき、汚れの付着も抑えられるそうです。

 

患者様、おひとり、おひとりのお口の状態にあった歯磨剤(歯磨き粉)を五條歯科医院のスペシャリスト達よりご紹介させていただきます。セルフケア商品のご質問等ありましたら遠慮なくご質問下さい。

医院内にて歯磨剤(歯磨き粉)など購入して頂きセルフケア用品に取り入れてください。

 

ひとりひとりに合わせた治療を行っています

「歯磨きも食生活も気をつけているのにむし歯になるのはなんでだろう?」と思ったことがある人多いのではないかと思います。私も疑問に思っていました。

口腔内の菌の数が関係していたのです!

歯ブラシや、デンタルフロスでセルフケアを行った直後は、菌数が一時的に減少するだけで口腔内に定着した菌の種類や分布割合は変わりません。じゃあどうすればいいのか。

まずは、自分の口腔内に定着する菌はどんな菌なのか、菌がどのぐらいいるのかを知ることが必要ですよね。そこで、当医院では「唾液検査」という検査を行っています。

菌の種類や、菌数、唾液の能力(緩衝能)、唾液の量、食生活などを元に何が原因なのかを考え患者さん一人ひとりにあった治療計画を立て治療を行っています。

ぜひ唾液検査をうけてみてください!

実は怖い歯科の病気

「感染症」ときくとみなさんは何を思い浮かべますか?

「エイズ」「結核」など、怖い病気が浮かんでくると思います。

そして実は、「むし歯」も感染症だということをご存じですか?

 

むし歯の主な原因菌であるミュータンス菌は小さい頃に保護者から子へ移ると言われています。例えば、子どもに口移しで食べ物を与える、唾液の付着した箸や歯ブラシを共有する、口にキスをするなどの行為で感染が起こると推察され、完全に子どものミュータンス菌をゼロにすることは難しいと言われています。

 

また、ミュータンス菌の口腔内への定着は、主に生後19~31ヶ月の間に起こるといわれています。特にこの時期は、子どもの口腔内だけでなく感染源である保護者の口腔内を清潔に保ち、子どもに与える糖を減らす努力が肝心です。

むし歯は多因子性の疾患であることから、むし歯菌の感染予防だけでなく、歯科医院や家庭で実践できるフッ化物応用、適切な食生活指導、正しいブラッシング(仕上げ磨き)を組み合わせることが大切です。妊娠期から母親がキシリトールガムを噛むとミュータンス菌の感染率が減少するという報告もあるため、妊娠期からのケアが重要です。