メタボ

近年、メタボリックシンドロームが問題視されています。

このメタボとは、内臓に脂肪がたまり、肥満や高血糖、高血圧などの危険因子が重なった状態を言います。

また、動脈硬化の発症や進行を加速度的に進め、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病などの生命に関わる病気の発症率が一段と高くなってしまうのです。

 

生活習慣病には沢山の種類があり、ひとつの病気を持っていると他の病気も併発しやすい傾向が顕著です。

実は、歯を支える骨を溶かしてしまう歯周病も生活習慣病の一つなのです。

この歯周病を放置したままにしていると、最終的には歯がグラグラして抜けてしまうこともあります。歯周病は中高年のなんと8割に発症すると言われており、成人では歯を失う最大の原因となっています。

歯周病は患者数がもっとも多い生活習慣病であるとも言われています。

このメタボリックシンドロームと歯周病の両者には、密接な関係があることが分かってきました。

特に歯周病と関係が深いのが糖尿病と指摘されています。

糖尿病になると唾液の分泌量が減って歯周病菌が増殖したり、免疫機能・組織修復力が低下し、さらに歯周病が発症・進行しやすくなっていきます。

一方で歯周病が進むと、大量のTNF-α(サイトカインという腫瘍を攻撃する物質の一つで、大量に産生されると他の炎症をおこす物質を作らせる)が分泌され、インスリンの働きを悪化させ糖尿病の発症と進行を助長するリスクがあるのです。