低体重児

低体重児(低出生体重児)とは、誕生した時の体重が2500g未満の赤ちゃんのことで、一般には未熟児と呼ばれています。

低体重児を出産してしまう原因としては、早産や子宮内で赤ちゃんが順調に育たないことなどが挙げられています。

早産とは、妊娠22~36週の間に通常よりも早く赤ちゃんを生んでしまうことで、早産の原因としては、妊婦である母親の健康状態や喫煙習慣など様々ですが、子宮内での感染症も早産の原因になってしまいます。

子宮内での感染症によって炎症がおこると、それに伴って身体が様々な炎症物質を作り出していきます。

この炎症物質の中には、子宮を収縮させて出産を促す物質も含まれているため結果的に早産を引き起こすことがあるのです。

妊娠中は歯周病が悪化しやすい環境になりがちです。

つわりで食事のリズムが不規則になったり、歯みがきが不十分になったりする上に、胎盤で作られるホルモンが歯周病菌を増殖しやすくするため、歯肉に炎症が強く現れるようになるからです。

つまり、歯周病は早産による低体重児出産のリスクが高くなる一方で、その妊娠中に歯周病にかかりやすいという危険なスパイラルがあるのです。

これらのリスクを避ける為には、妊娠する前から歯科医院で定期的に健診を受けて、歯周病があれば治療しておくことが大変重要なのです。