力が入る時こそ、優しい動作で!

お子様の仕上げ磨きをしている時、又は介護の現場で歯ブラシをする時

相手に口をつむがれて困っていることはありませんか?

頬の圧が強い、頬が分厚い、頬が硬い、舌が分厚い、などなど困ってしまうこともあると思います。そんな時ほど力ずくでやってしまうと、相手も余計な力が入ってしまい上手くいかないものです。

 

力が入ってしまう時こそ、優しくブラッシングしてあげましょう!

 

たとえば下の歯を掃除したいときは、下唇に指を入れて歯茎部分は痛いので触らず

唇付近の軟らかい歯肉を触りながら下に下げると、相手も痛くないし、歯ブラシをやる側も歯が見やすくきれいに磨けます。

 

また、口を開かないからといって指を無理やり入れて口を開けるのではなく

まずは緊張していく筋肉をゆるませるように顔の周りのマッサージをしてから

徐々に口元に触っていくと、最初は口を空いてくれなかった方も

口を開けやすくなり、お互い楽にブラッシングができます!

 

なのでポイントは優しく!

やる側も、やられる側も気持ちのいい歯磨きができると気持ちがいいですよね!

お困りの方は是非やってみてください!