医療保険の負担割合

日本に住んでいる人は、いずれかの公的医療保険制度に加入しなければならないことになっています。

 

公的医療保険は、健康保険や共済組合、国民健康保険などがありますが、どの被保険者も医療機関の窓口での負担割合は同じになっています。

 

現時点では、未就学児が2割、6歳~69歳が3割、70歳~74歳が2割、75歳以上が1割の負担割合になっているのです。

 

この場合の未就学児とは、小学校に入学する前の6歳未満の子の事を指しますが、小学校に入学する年の3月末までは一律で負担割合が2割になります。

ただし、70歳以上の高齢者でも、現役並みの収入がある人は3割負担となっています。

 

以前までは、3歳未満の乳児が2割で、70歳以上の高齢者が所得に応じて1~3割だったのですが、2008年4月以降は現在の負担割合になっているのです。

 

ただ、市区町村などの各自治体ごとに、乳幼児医療費助成制度があり、自己負担分の全部または一部が助成されていますので、小さなお子さんは3割負担でも2割負担でもあまり関係がないとの声もあります。

 

乳幼児医療費助成制度は、各自治体ごとに支給年齢や助成額が異なっており、地域によっては高校入学前の15歳までが対象となっています。

 

詳しくは、お住まいの地域の自治体に確認されて下さい。