実は怖い歯科の病気

「感染症」ときくとみなさんは何を思い浮かべますか?

「エイズ」「結核」など、怖い病気が浮かんでくると思います。

そして実は、「むし歯」も感染症だということをご存じですか?

 

むし歯の主な原因菌であるミュータンス菌は小さい頃に保護者から子へ移ると言われています。例えば、子どもに口移しで食べ物を与える、唾液の付着した箸や歯ブラシを共有する、口にキスをするなどの行為で感染が起こると推察され、完全に子どものミュータンス菌をゼロにすることは難しいと言われています。

 

また、ミュータンス菌の口腔内への定着は、主に生後19~31ヶ月の間に起こるといわれています。特にこの時期は、子どもの口腔内だけでなく感染源である保護者の口腔内を清潔に保ち、子どもに与える糖を減らす努力が肝心です。

むし歯は多因子性の疾患であることから、むし歯菌の感染予防だけでなく、歯科医院や家庭で実践できるフッ化物応用、適切な食生活指導、正しいブラッシング(仕上げ磨き)を組み合わせることが大切です。妊娠期から母親がキシリトールガムを噛むとミュータンス菌の感染率が減少するという報告もあるため、妊娠期からのケアが重要です。