歯科助手とレントゲン

知っている人なら当たり前ですが、以外と知らない人が多いのが「歯科助手」と「歯科衛生士」の違いです。

 

まず歯科助手とは、文字通り「歯科医師や歯科衛生士のサポートをする助手」という事になります。

例えば、歯医医院の受付けや、歯の治療に必要な器具などをセッティングするスタッフのことです。

ですが、歯科助手は、患者の口腔内に直接治療はできません。

 

対して、歯科衛生士とは、歯科衛生士の国家資格を取得した人だけが就ける職種なのです。

 

歯科助手が、アシスタント的な作業しかできないのに対し、歯科衛生士は直接、患者の口腔内に触れることができます。

とはいえ、歯科衛生士といえども「歯科医師」ではありませんので、薬物塗布や歯石除去、診療のサポート的な作業が主となります。

国家資格の歯科衛生士ですが、治療行為はできないのです。

 

このブログの他の記事にも記載しましたが、もちろん歯科助手もレントゲン撮影はできません。

指示をした歯科医師は処罰される事になっています。

過去には、歯科医師の指示の上でX線撮影をした歯科助手が書類送検された事例があります。

ちなみに指示を出した歯科医師は逮捕されています。

 

不適切なレントゲン撮影が、人体に悪影響を与えるのは常識とされています。

これを扱う医療側も厳重な運用が求められているのです