歯科医院でのフッ化物塗布とは???

皆さんこんにちは。皆さんフッ素はご存知ですか?

今はCMなどでもフッ素配合の歯磨き粉なんかも耳にするので知っている人も多いかもしれません。フッ素は歯を丈夫にしてむし歯になりにくくしてくれます!

 

フッ素塗布の効果

むし歯になる原因に対して、フッ素塗布の以下のような働きが、「歯」と「お口の中の細菌」に作用し、むし歯になりにくくする効果があるとされています。

 

  1. 唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助ける
  2. 歯の質を強化し、酸から歯を溶けにくくする
  3. 酸の生成を抑える

 

乳幼児・子どもへの効果

「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」は、歯の質が弱くむし歯になりやすいため、フッ素を塗ると予防効果を大きく期待できるとされています。

 

当院ではこのような効果のあるフッ素入り歯磨き粉があり、患者様の口腔内に応じて歯磨き粉を処方させていただきます。おうちでのセルフケアはとても大切です。

では実際どのくらいのフッ素が入っているかというと…

日本では薬事法にかかる承認基準で、フッ化物イオン濃度は1,000ppm以下に定められています。950ppm程度が殆どで、子ども用として500ppmと100ppmがあります。

歯磨き粉の形態としては、ペースト状が一般的です。子ども用に研磨成分を含まないジェル状(500ppm)・泡状(950ppm)・液体(スプレー式:100ppm)があり、これらは吐き出しのできない低年齢児に向いています。

 

など、おうちでも簡単にフッ素入り研磨剤でセルフケアをすることが可能です!

皆さんも、自分のお口を歯科医師、歯科衛生士にどのような状態か確認してもらい

お口に合ったかフッ素入り研磨剤で、歯を丈夫にしてみませんか??