歯科用CT

歯科において、おもにインプラント治療の術前検査においてよく撮影されます歯科用CTは、頭頚部に特化したX線装置で特に口腔、歯科領域の診断に絶大なる威力を発揮する最新医療機械なのです。

 

歯科においてのCT診断は非常に有効です。

 

インプラントや矯正治療では、歯と顎の骨の位置関係、大きさなど従来のレントゲンでは見ることのできない情報をたくさん得ることができます。

また、CT3D構築画像は患者さんにもとても分かりやすい画像診断法ともいえるのです。

 

従来のレントゲン診査では医師の感覚といった要素が診断を大きく左右していたのですが、それに加えて正確な骨の形態を把握するということは安全性、確実性において患者さんにとってとても大きなメリットがあるといえるです。

 

現在ではインプラント治療において、術前のCT検査は世界的な常識となりつつあります。

しかしインプラント治療を経験したことがある患者さまが増えてきたとともに、インプラント治療に関連する失敗などのトラブルを増加してきたことも事実です。

 

そのため安全にインプラント治療をおこなうためには、治療前だけでなくインプラント植立後の状態もCT撮影をおこない、3次元的に当初の計画通りインプラント治療が行われているか検査することが、近年では重要視されているのです。

それには、歯科用CTを設置した歯科医院にてインプラント治療をおこない、施術後すぐに検査をおこなうことが安全なインプラント治療の第一歩であると考えられています。