生命保険歯科治療

歯科治療は、ご存知のように健康保険適用の治療と自費治療が混在しています。

 

高ければ良いといった単純な話ではありませんが、クオリティーの高い治療を望まれるなら、どうしても高額な自費治療になってしまうのも現実なのです。

 

生命保険には一般的な治療や手術に対する各給付金の補償がありますが、歯科治療の患者さんの中には「歯科に関する治療や手術に関して、生保の給付金の対象になるのでしょうか?」との疑問をもたれている方がいらっしゃいます。

高い保険料を支払っているのだから、歯の治療に適用されても当然と思われても仕方ありません。

 

残念ながら、「全てではありませんが、一般的な生命保険では歯科治療には適用されません。」が回答になってしまいます。

 

まず、加入されている保険に歯科治療に関する特約が付保されている場合を除いて、歯科に関して給付金の支払いが補償されていません。

一般的に抜歯等の治療では手術に関しても免責となっているが殆どなのです。

 

ただし、重度の歯科治療で顎関節や骨までの切削や切除については支払い対象となるケースもあるといわれています。

口腔外科がある病院だと、治療内容によっては数日程度入院を要するという場合もあり、これも支払い対象となるケースもあるといわれています。

一律の対応と断定できないのは、民間の生命保険の性質上、各保険会社、各保険商品によって補償内容が異なるからなのです。

 

保険会社の約款は一般的に理解するのが難しい内容になっていますので、不明な点があれば各保険会社に確認されるのが賢明だと思います。