高濃度ビタミンC点滴療法 歯科での効果

高濃度ビタミンCを点滴で投与した場合とサプリメントや食品で摂取した場合と比較すると、点滴で投与した方が、はるかに血中のビタミンCの濃度が高くなることがわかっています。
食品によるビタミンC摂取の大きな違いは、ビタミンCの血中濃度を高め、歯周病や癌などの病気に対する治療効果が得られるという点です。
高濃度ビタミンC点滴歯科診療において、高濃度ビタミンC点滴の効果は
①歯周組織(歯茎など)を強化する
②歯周病・インプラント歯周炎を予防・改善する
③インプラント手術後の傷の回復を促進する
④多発性、難治性の口内炎の改善
⑤水銀などの重金属のキレーションに
⑥口元の美白
⑦口元のエイジング効果
⑧抗酸化力を増加させます
⑨全体的な健康の改善により、お口の中もお口の外も若々しさが保てます。
とのことなので
現在勉強中でございます少々お待ちを