口呼吸は万病の元

まずはこちらを見て見てください見て見てください
IMG_0063.PNG

「口呼吸は万病の元」と言われるくらい、色々な病気の関連が調べられています。
まず身近な病気としては、風邪、インフルエンザなどのウイルスに感染してしまいやすいということが挙げられます。
鼻の穴の中には、鼻毛やそれよりももっと細かい”繊毛”と呼ばれる毛、粘膜などがあり、これらがいわゆる”フィルター”の役割をしてくれます
しかし口呼吸をしてしまっていては、このフィルターを通らないで口から直接空気が身体の中に入っていくことになるので、菌やウイルスもそのまま体内に入ってしまうことになるんですね。
また口呼吸を続けていると、唇に力が入らないため、口の周りの筋肉も弱くなりがちになってしまいます。結果、歯並びが悪くなったり顎の関節に影響が出てきてしまいます