アンチ抗生物質

抗生物質のことをアンチバイオティクスといいます
言葉のとおり
アンチ=打ち消す
バイオ=生物(細菌などの微生物を含む)
ですので生物を殺す役目を持っていてくれて周囲の細菌をすべて殺してくれます
その結果、最近の研究では善玉菌も殺してしまいかえって悪影響がある可能性があると
各方面から警鐘が鳴らされています
そんな中注目されるのが
「善玉菌を増やしてバランスを保とう」
という考え方です

プロバイオティクス

人間は体内の微生物のバランスを崩すと病気になるという概念から、体内環境を整えるために、乳酸菌に代表される善玉菌を食品から摂取することで、消化器系のバランスを改善し、病気の発生を未然に抑えることができるとされる。この考えは、アンティバイオティクス(抗生物質)の副作用や、抗生物質によって生まれた耐性菌の発生に対する批判から生まれたものである