お子さんのフッ素について

みなさんは、お子様に歯磨剤(歯磨き粉)を使用した方がいいとおもいますか?

 

答えはもちろん、使用した方が良いです。

それも、歯科医院等で売っているフッ化物(フッ素)が沢山配合されている歯磨剤(歯磨き粉)を使用することをお勧め致します。

 

50年以上の研究から、フッ化物(フッ素)が永久歯のむし歯予防に大変効果があるのは、

疑う予知もないそうです。

 

1日2回以上の使用で効果があると、科学的根拠の医療を目指す国際活動コクラン共同計画の系統的総説でも報告されています。

 

近年では、複数の研究結果によって、乳歯のう蝕(むし歯)予防にも効果があると示されています。

 

フッ化物(フッ素)を効果的に使うポイントは、

 

・年齢に合わせて使う量を調整する

(3~6歳未満5mm、6~12歳は1㎝が目安だそうです)

 

・歯みがき後のうがいは、1回を目安としてお口の中にフッ化物(フッ素)の

停滞時間を延ばす。

 

・フッ化物(フッ素)使用後飲食を控えてお口の中のフッ化物(フッ素)

の維持を心がける。

 

等が大切になってきます。

 

お子様が歯磨き粉を嫌がるようでしたら、味などに工夫してフッ化物(フッ素)が

沢山入った歯磨剤(歯磨き粉)を使っていくようにしてください。

 

五條歯科医院の歯のスペシャリスト達が、皆様の大切なお子様の歯を守るために、

お子様にあった歯磨剤(歯磨き粉)をご提案させていただきます。

もちろんご家族様皆さんでフッ素をご使用して頂くことをお勧めいたします。