お子さんの虫歯予防で注意すること

お子さんの虫歯を予防したいならどんなことに注意したらいいと思いますか?
実は、お子さんだけの問題だけではなく、保育者を含む周囲の大人が関係してくるのです。
周囲の大人の口の中にいる“ミュータンス菌”という菌が唾液などを通してお子さんに感染します。生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には“ミュータンス菌”は存在しません。
ではどうやって感染するのでしょうか
それは、同じ箸を使ったりペットボトルの回し飲み、キスなどで感染するのです。
3歳までにミュータンス菌を感染させないようにすることが大切です。
1歳~2歳半くらいが特に感染しやすい時期なので要注意です
ミュータンス菌がいない人からの感染はないので子供に感染させない為には
まずは周囲の大人のお口の中をキレイにすることが大事になってきます。
ミュータンス菌が自分にはいるのか、いないのか、
どのぐらい菌がいるのかを知る検査を当医院では行っていますので
お子さんの為にも自分の為にもリスクを知り改善出来る良いきっかけになると思います。
リスクが高い方はフッ素を使ってミュータンス菌を減らすなどリスクを軽減できます。
衛生士と一緒になって予防していきませんか?
一緒に虫歯0を目指しましょう!