キシリトールで虫歯予防をサポート

「キシリトールはなんとなく歯によい」そんなイメージをもっていませんか。テレビコマーシャルなどの影響もあり、近年キシリトールの認知度は高くなりました。しかし、その効果は意外と知られていないように思われます。今日はこの“キシリトール”の持つすごい能力や、キシリトール製品の選び方などについてご紹介したいと思います。

キシリトールとは、シラカバやカシなどの樹木から採れる、キシランやヘミセルといった天然成分が主な原料となる甘味料です。その安全性は、厚生労働省や国際的会合であるJECFAからも認められています。

キシリトールは虫歯の原因となるミュータンス菌のエサにならないため、キシリトールを継続的に摂取することにより、細菌の増殖や活動を抑制することができます。その結果、歯垢(プラーク)の減少や、細菌による酸の産生量の減少が期待できます。さらに歯垢がサラサラの状態になり、歯の表面に留まりにくくなることから、歯磨きの効果を高めることもできるのです。以上のことから、毎日の習慣としてキシリトールを摂取することをおすすめ致します。

★キシリトール製品の選び方

・キシリトールの含有量が多いこと。(甘味料の50%以上がキシリトールであること)

・ショ糖が含まれていないこと。(ショ糖が含まれている製品はキシリトールの効果は発揮されない)

・クエン酸などの酸が入っていないこと。

★キシリトールの効果的な摂取方法

・1日を通して少量を回数摂取しましょう。

・1日3回、虫歯になりやすい方は5回程度が望ましいです。

・食後や間食の後などに摂取すると効果的です。

・1日あたり5~10グラムの摂取が目安です。(甘味料の100%がキシリトールのガムなら、5~9粒に相当)

★注意点

体質によりおなかがゆるくなる場合がありますので、心配な方はキシリトール配合のガムを1日1粒程度摂取するところから始めましょう。

五條歯科医院では、甘味料としてキシリトールを100%使用しているガムやタブレットを取り扱っております。ご興味のある方は、スタッフまでお気軽にお声がけください。