フッ化物の予防効果

中性のフッ化物と酸性のフッ化物があるのはご存知ですか?

お口の中は常に弱酸性で保たれていますが、飲食などをすると
お口の中は酸性になり虫歯になりやすい状態になります。
酸性のフッ化物を使うと虫歯にならないか不安ではないですか?
酸性のフッ化を使っても虫歯にはならないどころか歯が強くなるのです。
中性と酸性のフッ化物の虫歯予防効果は約30%で両者に差がないと言われていますが
中性フッ化物は年8回塗布が推奨されており来院回数が多く必要となります。
酸性フッ化物は年2回で済みますが
定期健診はフッ素を塗りに来るだけではなく
歯ブラシ指導や食事指導、クリーニングなどリスクコントロールも
目的としているので酸性のフッ化物を使っているから年に2回の来院で済むというわけではありません。五條歯科医院ではリスクにあわせた間隔や内容を提案させていただいています。

ただリスクコントロールの基本はホームケアです。
歯磨き粉にもいろいろな特徴があるのでまず自分が使っている歯磨き粉を注意深く見てください。