ユマニチュードとは何か

こんにちは歯科助手の日比です。
みなさんは「ユマニチュード」とは何か知っていますか?
ユマニチュードとは認知症の人のケアをするための方法です。
見る、話しかける、触れる、立つという4つの方法が柱となっていて全部で150もの技術があります。
今回は歯科の場合に特に活用できる、見る、話しかける、触れることについてお話したいと思います。
見ることについては、笑顔を見せて相手の視界に入って目の高さを同じにすることが大切です。
話しかけることについては、積極的に話しかけ常にポジティブな言葉を使います。
大抵は「今は痛いですか?」など痛いという言葉を頻繁に使ってしまいます。
痛いという言葉はネガティブな発想を抱かせるため「今からお口の中を綺麗にしますね」などポジティブな言葉を選んで声がけをします。
触れることについては、肩や腕にしっかり触れることで安心感を与えます。
その時に「お久しぶりです。お会いできて嬉しいです」など声をかけながら触れることが効果的です。
この3つの要素を同時に行うことで安心を生み出すことにつながります。
人との関わりを大切にしながらコミュニケーションをとることがとても大切だと思いました。