リスクをカバーするには

前回、加齢に伴うお口の中のリスクの上昇についてお話ししました。

今回は、そのリスクの上昇をカバーするためのセルフケアについて、お話ししたいと思います。

まず、ご自身で行っていただく歯磨きが大切です。

歯磨きできちんと汚れを取り除くことが、セルフケアではとても重要になります。

歯磨きできちんと汚れを落とせているのだろうか、歯ブラシは自分の歯に適したものを使用しているのか、歯間ブラシのサイズは適切か・・・

これらは一度歯科衛生士に診てもらい、自分に合ったものを選んでもらうことをおすすめします。

歯磨きのポイントとしては、歯の面に対してブラシを垂直になるように当てて、1本ずつ小さく動かして磨きましょう。

そして歯磨きの後、歯を舌で触ってみてください。

ざらつきやぬめり感があるときは、ツルツルした感触になるまで磨いてください。

また虫歯予防のためにも、フッ素を取り入れることをおすすめします。

フッ素には、歯を強くする働き・再石灰化を促進する働き・虫歯菌を抑制する働きがあります。

歯磨きの際、フッ素濃度を保つために歯ブラシにフッ素入り歯磨き粉を2cmつけ、磨いた後のうがいは1回にしましょう。

また、就寝前にフッ素配合のジェルやうがい薬なども効果的です。

次に唾液分泌量の低下を補うために、食後にガムを噛む習慣をつけます。

ガムを噛むことで唾液の分泌を促し、自浄作用(歯の表面が自然に洗浄される作用)を補います。

また唾液の分泌を促す、唾液腺マッサージも効果的です。

これらなどを行なうことで、加齢に対してお口の中のリスクを下げることが可能になりますのでぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

金沢区の五條歯科医院では、ひとりひとりにあった歯磨き指導をさせて頂いておりますので、お気軽にご相談ください。

関連する予防歯科のページはこちら