ルートケア

今回は『チェックアップ ルートケア』について、その特徴をご紹介します。

 

 

 

 

 

この商品を特におすすめしたい方は“歯茎が下がって歯の根が見えてきている方”です。

私のルートケアのオススメポイントは2つあります。

1.象牙質と歯茎にやさしい“研磨材無配合”

下の図は、歯茎が下がったことにより歯の根が露出し、冷たいものや熱いものに過敏に反応してしまう知覚過敏が起きやすくなっている状態を示します。図のように歯は表面のエナメル質とその内側にある象牙質の2層構造になっており、象牙質はエナメル質に比べると柔らかいのが特徴です。象牙質は普通にハブラシで磨くだけでも、表面に傷が出来て削れてしまう可能性があります。従って、象牙質が露出している時は、研磨材が多く配合されている歯磨剤で磨くと、知覚過敏症の症状が悪化する恐れがあります。その点、このルートケアは研摩材が入っていないので、研摩材入りの歯磨剤を使用するよりも歯や歯茎を傷つける可能性は低くなります。

 

 

 

 

2.高濃度のフッ素を配合

象牙質はエナメル質よりも柔らかく、虫歯になりやすいです。フッ素(NaF)が1450ppmFと高濃度に配合されているルートケアは、象牙質の表面も強化してくれます。

五條歯科医院では、クリーニングを受けていただく際にお試しいただけますので、使用してみたい製品がある際は是非歯科衛生士までお気軽にお声掛けください。合わせて、患者様ご自身に合った歯磨きの仕方もご提案させていただきます。

関連する予防歯科のページはこちら