乳酸菌タブレットとキシリトールの違い

こんにちは、五條歯科医院で受付を担当しております日比と申します。

今回は、乳酸菌タブレットとキシリトールの違いについてお話ししたいと思います。

キシリトールには、虫歯菌の活動を弱める働きがあり、乳酸菌には、虫歯菌の増殖を抑えてくれる働きがあります。キシリトールは虫歯菌の栄養源にならないため、この甘味料による酸は発生しません。また酸を中和する働きを持ち、唾液も出やすくしてくれるので口の中を虫歯になりにくい状態に保ってくれます。

一方、乳酸菌は虫歯菌を減らす作用があり、歯周病を抑制することができるので、歯周病予防にも効果的です。

金沢区の五條歯科医院でもキシリトールガムや乳酸菌タブレットを購入することができますので、気になる方はぜひお試しください。

関連する予防歯科のページはこちら