入れ歯のお手入れ

前回のブログで、汚れた入れ歯をお口に入れていると、

  • 口内炎の原因になる。
  • お口の軟らかい部分に炎症が起こる。
  • 誤嚥性肺炎を起こす危険がある。

という問題点をお伝えしました。

今回は、これらの予防のための入れ歯のお手入れ方法についてお話しします。

本来、毎食後水洗いするのが理想的ですが、不可能な場合は一日一回丁寧に洗いましょう。

入れ歯の種類には歯が一本もなく、全てを入れ歯によって補う『総入れ歯』と、歯が一本以上残っていて、抜けている部分を補う『部分入れ歯』があります。

総入れ歯で汚れが付きやすいのは、歯と歯の間や歯肉と密着する裏側部分です。また部分入れ歯は、総入れ歯と比較して複雑な形をしていることから汚れが付きやすいので、金属の部分まで念入りに汚れを落としましょう。

手 順

1.  洗面器などに水を張る。

落として破損したり排水口に流したりしないようにする。

2.  入れ歯を外して流水下で清掃する。

  • 入れ歯用ブラシを使用する。
  • 歯磨き粉は付けない。
  • 小さな入れ歯でも、必ず外してから手のひらに乗せて洗面器の上で磨く。
  • ゴシゴシと力を入れすぎない。特に歯肉などに接する面を磨きすぎない。
  • 汚れが残りやすい部分(特に金具の部分など)は丁寧に磨く。

3.   片方の麻痺がある人は、固定できる吸盤付きブラシを使えば片手で洗えます。

※)熱湯や漂白剤につけたり乾燥させたりするのは、変色や変形の原因となるので避けましょう。

就寝前のお手入れ

毎食後のお手入れに加え、就寝前は「義歯(入れ歯)洗浄剤」を使用してお手入れをする。

当院でも入れ歯のお手入れに必要な商品をいろいろとご用意していますので、使用方法のご説明と併せてご提供いたしております。

金沢区の五條歯科医院にお気軽にご相談ください。

関連する入れ歯治療のページはこちら