口腔内写真はなぜ必要なのか

口腔内写真はなぜ必要なのか!
五條歯科医院では必ず初診時・治療途中・治療後に口腔内写真を撮影します。
これは治療の経過を患者さんが見てどう変化したのかが分かるように記録に残しています。

初診時、治療後を見比べて自分がどれだけがんばったか自分の目で見て分かるのでモチベーションのアップにもなります。
当院では12枚写真を撮影します。

写真を撮影するに当たって技術はもちろん必要ですが、患者さんの協力もないとうまく写真が取れません。痛い・つらいと思ってしまうこともあるでしょう。
患者さんへのお願いは緊張せずにリラックスしてもらえると撮影しやすいです。

五條歯科医院ではクラウドサービスも行なっているので、急な引越しで転院しなければならなくなったときや子供の成長過程をウェブ上でも見ることが出来ます。
詳しくは当院のスタッフにお尋ねください。

医療データ患者が知る時代へ

病院間の情報共有インフラ不可欠