妊娠中の方

妊娠中の方
母子手帳の中にある母親用の歯科検診の紙をみたことがありますか?
そのおかげで最近は妊娠中(特に安定期)に歯科を受診される方が増えました。
というのも妊娠中は女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌が増えるので、
歯茎が赤くなったり、腫れたりしやすいです。
さらに、つわりによってブラッシングの回数が減ったり、
食事の回数や、食の嗜好の変化によって虫歯になりやすくなったりします。
このようなお口の環境より、妊娠中の歯科への通院はとても大事になってきます。
妊娠中に歯科の治療ができるのか不安な方もいらっしゃると思いますが、
通常安定期であれば治療も問題なく行うことができます。
また、お口の中の定期的なクリーニングを行ことで虫歯の予防、歯周病の予防にもなります。
妊娠したら、まずは妊婦検診にお越しください。