妊婦の歯科治療

“妊娠中は歯の治療が出来るのか?”

“治療をしてもお腹の赤ちゃんに悪い影響はないのか”

など心配される方もいらっしゃると思います。

妊婦さんでも歯科治療は受けることができます。

基本的には、歯科治療は安定期(妊娠5~7か月)に行うのが望ましいとされています。

歯科で通常よく撮影されるエックス線写真は、撮影時に照射される放射線の量はごくわずかで、さらに防護エプロンを使用します。また、歯科で局所麻酔薬として一般的に用いられるリドカインも、主にお母さんの肝臓で分解されるためお腹の赤ちゃんには影響がないと言われています。

今まで歯科に通っていない方は、妊娠を機に自分のお口の中の状況を把握してみましょう。そして、生まれてくる子供のためにお母さんのお口の中を綺麗にしておくことはとても大切なことです。

五條歯科医院は妊婦健診実施医療機関ですので、妊娠された方も安心していらして下さい。

関連するむし歯治療のページはこちら