子どもの虫歯はどう予防する?

こんにちは、五條歯科医院で受付を担当しております日比と申します。

子供の生活習慣で、虫歯の予防に対して特に大事なものと言えば「歯みがき」ですが、嫌がる子も多いと思います。そこで今回は、お子さんの虫歯をどう予防するかについて、お話ししたいと思います。

虫歯を効果的に予防するためには、

1.規則正しい食生活

実は良く噛んでバランスの良い食事をとることも、虫歯予防には大切です。根菜類やお魚などを食べると自然と噛む回数が増えますが、しっかり噛んで食べる必要のあるものは、正しい噛み合わせの構築や、顎の適切な発達に効果的です。また、よく噛むことで唾液も増えます。これらは全て、虫歯の予防にも繋がります。しかしながら、甘いものはなるべく控えるようにしましょう。砂糖をたくさん摂取すると、虫歯菌がこれをエサにして歯などの表面に歯垢(プラーク)を作ります。そして、虫歯菌が産生した酸が歯の表面に停滞しやすくなり、歯を溶かして虫歯になっていきます。

2.食後はすぐに歯みがき

食後はすぐに歯みがきをして、細菌のエサになる食物残渣や、細菌の塊である歯垢を機械的に取り除くことが大事です。

3.歯科医院で定期検診を受ける

日頃どんなに気を付けて歯を磨いていても、それだけでは完全に予防出来ないこともあります。定期的に歯医者さんに通い、歯のお掃除やフッ素を塗ってもらうのが良いでしょう。歯医者さんに通うことで、日頃の自己管理についても指導を受けられるため、安心できます。

お子さんの虫歯が気になる方は、ぜひお気軽に五條歯科医院までご相談にいらして下さい。

関連するむし歯治療のページはこちら

関連する小児歯科のページはこちら