当院の五條理事長が講演会を行いました。

こんにちは。金沢区にある五條歯科医院の受付の鎌田です。

皆様は、最近「お薬が喉にひっかかって飲みにくい」「食事が飲み込みづらい」「汁物でむせることが多くなった」など、飲み込む時に困ることはありませんか。

もしかすると、それは嚥下(えんげ:飲み込むこと)機能の衰えが始まっているサインかもしれません。嚥下機能が衰えにより将来的に、誤嚥性肺炎が引き起こされる可能性が出てきます。当院では、嚥下機能向上のプログラムを診療に取り入れており、さらに外部の講演会等でも、地域に方々に嚥下の大切さを伝える活動を行っております。

先月は、金沢区能見台の「デイサービスほっとさぽ」で、五條理事長による嚥下力向上のための講演会が行われました。

「デイサービスほっとさぽ」は、機能訓練特化型デイサービスで、高齢者の身体機能向上をプログラムに取り入れていることが特徴です。今回の講演会では、利用者の皆さまと共にお口の筋肉を動かす運動を行いました。 実際に、お口の体操を行うと、「短時間でも結構疲れるわね。」というご意見もありました。また、体操だけではなく、“吹き戻し”を使い楽しみながらできる訓練も行いました。

今後も、機会がありましたら地域で講演会を行ってまいりたいと思います。診療室でも、いつでもご相談をお受けいたしますので、ご予約お待ちしております。

関連する予防歯科のページはこちら