指しゃぶりについて

こんにちは、五條歯科医院で受付を担当しております日比と申します。今回は、「指しゃぶり」についてお話ししたいと思います。

「指しゃぶり」は、主に乳幼児期の子どもに見られる口腔習慣で、3~4歳までは発達途上で見られる生理的なもの(あってもおかしくないもの)であり、自然と消失していくことが一般的で、特に心配はいりません。しかし5~6歳を過ぎても継続する場合は、歯並びの不正や顎の骨の変形を惹起させたり、発音などの口腔機能へ悪影響を及ぼしたりする要因となりますので、“悪習癖”ということになります。従って、4~5歳を過ぎても継続するような場合、止めるための何らかのはたらきかけをするのが望ましいでしょう。

五條歯科医院では、このようなお子さんの口腔習癖などについてのご相談も受け付けております。ぜひお気軽にご相談にいらして下さい。

関連する小児歯科のページはこちら