歯磨きは1日1回でもOK?

患者さんから「忙しくて歯磨きが1日1回しかできない」という声を、何度も聞いたことがあります。最も新しい歯科疾患実態調査では、毎日2回以上歯を磨く人は全体の77.0%、毎日3回以上磨く人は25%いる一方で、毎日1回の人は約18%と報告されています。では、歯磨きは1日に何回するのが良いのでしょうか。

プラーク(歯垢)は、約24時間で形成されると言われています。つまり、1日1回でも適切に細菌を除去することが出来れば、プラークの形成が抑えられるので、歯磨きは1日に1回でも良いということになります。しかし、1回の歯磨きで充分に磨くことは難しく、大抵の方は磨きの残しがあります。従って、1日3回毎食後に磨くことをお勧めいたしますが、忙しい方は、夜にしっかり磨き、それ以外は食べかすなどを残さないために、さっとでも構いませんので磨きましょう。

歯磨きは正しく行わなければ意味がありませんので、五條歯科医院で正しい歯磨きの仕方を習得してみてはいかがでしょうか。患者さん一人一人に合ったやり方をお伝えいたしますので、是非お気軽にお越し下さい。

関連する予防歯科のページはこちら