歯間ブラシの使い方

歯と歯の間は、歯ブラシの毛先が届きにくく、プラーク(歯垢)が残り易いため、虫歯や歯周病が発生しやすい場所です。歯と歯の間のプラークは、歯ブラシだけでは60%程度しか取り除けませんが、歯ブラシと歯間ブラシを併用することで90%近くのプラークを取り除けることが報告されています。毎日のケアには、ぜひ歯と歯の間のお手入れも取り入れましょう。

  1. 歯間ブラシは、最低でも1日に1回は使用しましょう。
  2. 歯間ブラシを使う時は鉛筆を持つように把持し、歯茎を傷つけないように鏡を見ながらゆっくりと歯間部に入れて下さい。
  3. 使用後の歯間ブラシはしっかりと洗浄し、歯ブラシと同様に保管して下さい。
  4. 歯間ブラシの毛が乱れてきたら、新しい物に交換して下さい。

歯間ブラシは様々なサイズがありますので、自分に合う物が分からない方は、五條歯科医院までお気軽にお越し下さい。詳しい使用方法なども、分かりやすくご説明させていただきます。

関連する予防歯科のページはこちら