皆さんは鼻呼吸をしていますか?

あいうべ体操

こんにちは、五條歯科医院で受付を担当している日比と申します。
みなさんは「鼻呼吸」をしていますか?鼻で呼吸をすることはとても大切です。

お口がいつもポカンと開いていたり、“いびき”をかきやすくなっていたり、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患は、主に口で呼吸をする「口呼吸」が原因で起きていることもあります。

口呼吸を鼻呼吸に改善するには「あいうべ体操」が有効で、いわゆるお口の体操です。
この体操をしっかり継続することにより、自然と鼻呼吸ができるようになり、いろいろな症状が改善することが知られています。

「あいうべ体操」は、次の4つの動作を繰り返します。
・「あー」と大きく口を開ける
・「いー」と大きく口を横に広げる
・「うー」と口を強く前に突き出す
・「べー」と舌を突き出して下に伸ばす
この動作を1日30回を目安に毎日続けてみてください。

「あいうべ体操」は小さなお子様からお年寄りまで、誰でもどこでもできるので、ぜひみなさんもやってみて下さい。