象牙質知覚過敏症

象牙質知覚過敏とは、冷たい水でしみたり、歯磨きをした時にピリッとした痛みが起こったりする症状が病的に発現している状態を指します。

痛みの発現頻度が高い場所としては、歯茎が下がり(退縮)歯の根の部分や歯の表面のエナメル質が欠け、内部の象牙質が露出したところです。

象牙質は歯の神経(歯髄)に通じる細い管(象牙細管)が通っているので、歯磨きや冷たい水などの刺激が象牙細管を通じ神経に達して痛みが生じます。

象牙質知覚過敏症の原因はいくつかあります。

  1. 噛み合わせの異常(くさび状欠損など)
  2. 歯周病による歯肉退縮に伴う歯の根の露出(歯根露出)
  3. 過剰な圧による不適切なブラッシング
  4. 虫歯の治療(歯の切削)

が主に挙げられます。

何が原因で症状が出ているのかにより、対処法が異なりますので、歯科医師や歯科衛生士にご相談ください。現在五條歯科医院に通院中の患者様にも、痛みの発現により”虫歯ではないか?“と心配される方が多くいらっしゃいます。

些細な変化にも気づけるよう、五條歯科医院では担当制で患者様のお口の管理を行っております。

関連する予防歯科のページはこちら