NSTにおける歯科衛生士の役割

NSTとは、低栄養や栄養管理が必要な方に対し、病院や介護施設の中で、職種の垣根を越え、専門知識と技術を活かしながら、栄養管理を実践する栄養サポートチームのことです。

NSTの中で歯科衛生士は、義歯の有無、口腔内の乾燥状態、口腔内の清掃状態などを確認し、口腔ケアの指導などを行います。また、脳卒中や誤嚥性肺炎などで禁食となった患者さんに対しては、咀嚼機能(食べ物を噛み砕く機能)へアプローチすることにより、栄養状態の改善をサポートするなど、お口の様々な機能の回復に携わる重要な役割も担っています。

超高齢化社会を迎え、歯科衛生士は、虫歯や歯周病の予防や治療のみならず、食べることの専門家として、他職種連携チームで活躍する機会が増えると予想されます。五條歯科医院の歯科衛生士は、これからも地域活動に積極的に貢献していきます。

関連する訪問治療のページはこちら