お子さんの矯正治療について

最近の子供の傾向として背が高く、足は長く、小顔になったといわれています。 しかし、あごの骨 が小さくなっても歯の数や歯の大きさが変わらないため、歯が正しい位置にどうしても生えることができず、かみ合わせや歯並びが悪いお子さんが増えてきました。 お子様に勧める矯正治療とは、乳歯と永久歯が混在している時期に行う治療です。 あごの成長や 歯の生え変わりに合わせて治していく事が出来るため、大切な永久歯を抜かずに治療できる可 能性もあり、装置も簡単なもので済み、費用も安くなる場合が多くあります。 最近の子供に多い傾向として、”態癖”が多いことがあげられます。 態癖とは歯並びやお口の機能に悪影響を及ぼすクセ(癖)のことを指します。 頬杖、うつぶせ 寝のような状態で常にいることで、歯やあごに強い力がかけられ、簡単に体のゆがみや歯 の位置の移動が起きてしまうことは長年の研究から明らかになっています。 態癖をやめる 事でお口や全身の健康を守ることが出来ます。 八重歯や出っ歯など、一人一人お口の状況は異なります。 そのため当医院は、お子様にとっ て最適な治療法のプランを立てるため、専門的な検査、分析を行いながらお口の状況を見 せていただき、矯正治療の方法、装置の種類、治療期間や費用など、気になる点、不安な点な どをすべてご説明いたします。 お気軽にご相談ください。