患者さんの年齢推移

 五條歯科医院の開業当初は30代の患者さんが約30%、続いて20代と10歳未満が15%を占めていました。
10年近い年月が過ぎ、新規で来院していただく初診の患者さんが1番多い年代は30代であることに変わりはありませんが、10歳未満が30代と同じくらいの割合を占めるようになりました。
大きな変化は80歳以上・・特に90代以上の患者さんがデータ集計開始時に比べ、平成27年は10倍になりました。地域の皆様に予防の大切さを認知いしていただいたことと通院が難しい状況の高齢者でもご自宅で安心して診療が受けられる訪問診療をご利用いただけるようになったことが数字にはっきりと表れています。
これからも幅広い年代の患者さんに受診していただき、一生笑ってしゃべって食べられる社会を支えていきたいと思います。