研修会

昨日 南共済病院にて
「がん診療 口腔ケア」
がん診療をサポートする口腔ケア、
オーラルマネージメントについて
兵庫医科大学 歯科口腔外科
主任教授 岸本裕充先生の講演をお聞きしました。
化学療法時の口腔ケアの目的は支持と緩和、治療を予定通り完遂し、治療の効果を下げず治療に伴う苦痛を軽減すること
口腔ケア=オーラルマネージメント
オーラルマネージメントの構成要素
CREATE.:器質的ケア、機能的ケア、教育、評価、歯科治療、食べるたのしむ
を理解して実施
口腔清潔時は誤嚥リスクを考え、確実な回収、吸引と保湿が重要であることをご講演下さいました、。