インプラントによる義歯

インプラントというのは、歯が抜けてしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その歯根の上から人工歯を取り付ける治療法です。
自分の歯に近い噛み心地と美しい見た目が得られるインプラントですが、このインプラントを使って義歯を作る方法もあるのです。
インプラントの義歯治療では、まず2本から4本のインプラントを顎の骨に埋めて、これをベースにして義歯を安定させます。この方法だと、歯茎を切開せずに埋入することができるので痛みや腫れが全どなく、少ないインプラントで義歯を固定させられるので治療コストを抑えられるメリットもあるのです。