乳歯の虫歯の特徴

子供の歯と大人の歯とではむし歯の治療法が異なります。
乳幼児の時期の乳歯や生えてきて間もない永久歯は、成人の永久歯とは異なった性質を持っていて、その治療法も成人の歯の場合とは異なる部分が多くあるのです。
簡単にいえば、乳幼児はむし歯になりやすくてむし歯が進行しやすいというデメリットの反面、回復力に優れて治りやすいというメリットを持っています
乳歯や生えて間もない永久歯は、成人の歯に比較すると歯の質が弱くむし歯になりやすい性質があります。歯の表面はエナメル質という人間の身体で最も硬い組織で覆われていて、内側には骨と同じ程度に硬い象牙質という組織があるのです。
いわゆる「硬組織」と呼ばれている組織です。
ところが、乳幼児の歯はカルシウム分が少なく、エナメル質や象牙質の硬度が不足しているので、成長につれてカルシウム分が徐々に硬組織に取り込まれて硬くなっていく仕組みになっています。成長過程の乳幼児の歯はまだエナメル質が弱いためにむし歯になりやすく、同じく象牙質も弱いために内部でむし歯が進行しやすい状態になっているのです。
乳幼児の歯にできた小さなむし歯をそのままにしていると、短い期間でみるみるむし歯が進行して大きな穴が開いてしまうケースがよく見られます。そのため、子供のむし歯はどんなに小さいものでも注意が必要で、万が一むし歯の疑いがある場合は早目に受診する事をお勧めします。
診察の結果もしむし歯ができていた場合には、むし歯の進行を止めて再石灰化を促進する治療か、むし歯を削ってレジン(樹脂)を詰める治療のどちらかが選択されます。