乳歯の虫歯治療

母親の胎内にいる時から成長してきた乳歯は生えた日からむし歯になる危険性が生まれてきます。
乳歯は永久歯と比較すると歯質が弱くて厚さも2分の1位しかありません。
そのためにむし歯の進行が早く、急速に広い範囲に広がっていく特徴があるのです。
「どうせ乳歯は生え変わるから」と、そのままにしていると歯肉内で成長している永久歯に悪影響を及ぼすこともあります。
乳歯のむし歯を見つけたら早目に治療する事が大切なのです。
大人と違って、乳歯の初期むし歯の色は白く濁っています。
この時点では歯を削る治療をしないでフッ素を塗布して歯を強化することによって治療していきます。
むし歯の原因となっている食事の習慣や歯磨きの方法を変えて、定期的にフッ素を塗布し続けると次第に元の歯に戻ってきます。
もし、むし歯が進行していた場合は、むし歯を抜いてから詰め物を詰める治療を行います。
まだ組織の弱い乳歯のむし歯は進行が早く神経まで広がるケースがあります。
乳歯のむし歯が神経まで広がると神経を取ったりする必要が出てきます。
乳歯にとって神経は永久歯との生えかわりにとても大切なものですが、神経までむし歯菌が侵入してしまったら永久歯を変色させたり、歯並びを悪くしたりするので根元の治療をします。
神経がない乳歯は永久歯との生え変わりの時にうまく抜けないことがあり、永久歯の邪魔をするようであれば抜歯することになります。