乳歯の神経の治療後の問題

やむを得ず乳歯の神経の治療を行った後には、やはり全く問題がない訳ではありません。
後から生え変わる永久歯自体に影響が出ることはありませんが、永久歯に生え変わる時に多少影響が出る場合があるのです。
永久歯が生えてくる場合、上に生えている乳歯の根を徐々に吸収しながら生えてきます。
しかし、乳歯のないケースだとその吸収が上手く行われず下から生えてきた永久歯が吸収できていない乳歯の根を避けながら生えてこようとしてしまうケースがあるのです。
最悪の場合、乳歯が抜けずに永久歯が別の場所から出てくるという様なケースも見られます。
また、逆に乳歯を正常な生え変わり前に抜いてしまうと永久歯が生えるスペースが無くなり歯並びが極端に悪くなる場合もあるのです。
むし歯になってしまって歯の根しか残っていない状態でも交換期近くまで無理やり残したり、どうしても抜歯しなくてはいけなくなった場合には前後の歯が寄ってこないように簡単な装置を装着してでもスペースを保つのはこういった理由からなのです。
他にも、乳歯は大人の歯と形態が違う事で消毒が難しい点があります。
乳歯の根は大人の歯の根と違って、平べったく細くて曲がった形態をしています。
さらに子供の歯は神経が入っている根の管が大人のように大きく太い管だけでなく、小さな細い管が網の目のようにいっぱいあり、こういった細かい歯の根に拡散している細菌を完全に消毒するのは非常に難しくなっているのです。
こういった状態にならない為にも、乳幼児の時期からキチンとした口腔ケアが必要になってくるのです。