小帯付着異常

唇や頬、舌と歯肉を繋がっている細いヒダのような部分のことを小帯と言います。
この内で、上唇と歯肉を繋ぐ小帯を上唇小帯と呼び、下唇と歯肉を繋ぐ小帯を下唇小帯、頬と歯肉を繋ぐ小帯を頬小帯、舌の裏側の小帯を舌小帯と呼んで、各々繋がっている唇、頬、舌の運動を制限して位置を固定する役割があります。
これらの幾つかの小帯のなかで子供によく見られるのが、上唇小帯と舌小帯の付着位置の異常になります。
上唇小帯は、生後1才未満までは歯の近くに付着していますが、年齢とともに上顎が発育するにつれ、その付着した部分が次第に上方に移動していきます。
この時期の上唇小帯はあまり問題ではありませんが、歯ブラシが上唇小帯に当たって傷になってしまったり、遊んでいて怪我をした場合に切れてしまうケースがあります。
やがて永久歯が生えてきてもその付着した部分が上方に移動せず、小帯が歯と歯の間に深く入り込んでいるようであれば、切除する必要が出てきます。
舌小帯は普通の状態では、舌の運動、発声時、ものを飲み込む時には、舌小帯が舌の運動を阻害するようなことはありません。
しかし、中には舌小帯が太く短い場合があって、舌が舌小帯によって口底部方向に固定されると舌先を上げたり突き出したりするのに不自由になることがあります。
摂食障害や発音障害、舌を前方に伸ばした時に舌の先がくびれるようになっているようであれば、これも切除する必要があるのです。