歯をぶつけたら

ずっとベビーベッドで寝ていた赤ちゃんも成長に伴ってハイハイを始め、やがてヨチヨチ歩きを始める頃にはお母さんは常に注意を払わなければなりません。
子供の成長に不可欠な遊びも、少しの不注意で転んだり何かにぶつかったりはよくある事になっていきます。
そんな中で、歯をぶつけてしまう怪我も珍しくありません。
転んだり何かにぶつかった時に歯がグラグラしてしまうケースがありますが、この症状だと歯科医からは既に亜脱臼と診断されます。
一般的にこの状態で歯医者さんに行くと、出血に対する処置をして固定バンドを歯の裏側につけて経過観察になりますが、怖いのは歯の内側の内出血や神経損傷です。
歯の怪我の場合、「軽く打っただけで、すぐに子供も泣きやんだから大丈夫」と最初の診察以降に受診しない場合が少なくないようですが決して安心はしないで下さい。
その当日は出血や痛みも収まったかのように見えていても、何日、あるいは何週間も経過してから神経が死んでしまって歯の色が変わってきたり、歯の根の先に打撲の影響が残っていたりというケースが珍しくないのです。
怪我の大小に関係なく、歯を打撲した場合は子供の将来を考えて取り合えず歯科医の診断と経過観察を仰ぐようにされて下さい。
ずっとベビーベッドで寝ていた赤ちゃんも成長に伴ってハイハイを始め、やがてヨチヨチ歩きを始める頃にはお母さんは常に注意を払わなければなりません。
子供の成長に不可欠な遊びも、少しの不注意で転んだり何かにぶつかったりはよくある事になっていきます。
そんな中で、歯をぶつけてしまう怪我も珍しくありません。
転んだり何かにぶつかった時に歯がグラグラしてしまうケースがありますが、この症状だと歯科医からは既に亜脱臼と診断されます。
一般的にこの状態で歯医者さんに行くと、出血に対する処置をして固定バンドを歯の裏側につけて経過観察になりますが、怖いのは歯の内側の内出血や神経損傷です。
歯の怪我の場合、「軽く打っただけで、すぐに子供も泣きやんだから大丈夫」と最初の診察以降に受診しない場合が少なくないようですが決して安心はしないで下さい。
その当日は出血や痛みも収まったかのように見えていても、何日、あるいは何週間も経過してから神経が死んでしまって歯の色が変わってきたり、歯の根の先に打撲の影響が残っていたりというケースが珍しくないのです。
怪我の大小に関係なく、歯を打撲した場合は子供の将来を考えて取り合えず歯科医の診断と経過観察を仰ぐようにされて下さい。