指しゃぶり

生まれて間もない赤ちゃんが指をしゃぶるのは,ほほえましく可愛いものですね。1~2才の乳幼児では生まれつきの吸う本能があり、何の問題もありません。
3才位までの指しゃぶりは,赤ちゃんの時の「吸う」という生まれながらの反射の名残りといわれていますので、まだ神経質になる必要はありません。
乳児期からの指しゃぶりが3才になっても続いている場合は、保育園や幼稚園の入園などをきっかけに止めることが多いようです。これは子供自身に社会性が芽生えてきて色々な事にに興味を示すようになるからです。
ただ、この指しゃぶりを4才以降になっても続けているのは歯科の立場では問題になってきます。
矯正歯科医の意見としては、ずっと続けている指しゃぶりは歯並びへの影響だけでなく、「前歯で上手く咬めない」「話し方が舌たらずになってしまう」「何かを飲み込む時に前歯の間から舌を押し出す」「口呼吸をするようになってしまう」などの歯や口の機能への悪影響が指摘されています。
発音に関して言うと、指しゃぶりを続けているとサ行やタ行、ラ行が上手に話せなかったり不明瞭な発音で聞きとりにくいなどの弊害が出てくるのです。
4才半~5才位までに指しゃぶりをやめると歯並びが正常に戻る可能性があるので、指しゃぶりは前歯の生え替わりまでに止めさせるのが良いでしょう。