乳歯のころの歯並び

お母さんの中には乳歯に関して無関心で、「どうせ乳歯は永久歯に生え変わるから大丈夫」とおっしゃる方がいますが、その考えは間違いです。
乳歯の状態は、永久歯列に大きく影響するのです。
乳歯の歯列の乱れは、そのまま放置しておくと不正咬合につながる場合もあるのです。
赤ちゃんの中で早く歯が生えてくる子は、生後半年ぐらいで乳歯が生えてきます。
ただ、乳歯は上から順序よく生えてくるのではなく、最初に生えてくるのは一般的に下顎の乳中切歯なのです。
少し離れた位置に生えてきた感じがあるので、心配されるお母さんもいますが何本か生えてくるにつれてキレイに並んできますので心配はいりません。
そして、2才半~3才前後に乳歯列は完成していきますが、この時期の乳歯列は隙間もなくキレイに揃っているのが通常です。
そして5~6才頃になって乳歯から永久歯に生え変わる時期になってくると、乳切歯のあたりでは歯と歯の間に少し隙間ができてきます。これは歯の生えている顎が発育したためにできる隙間で、いわば生え変わってくる大きな永久歯のスペース作りのための準備であり全く心配する事はありません。
逆に、この時期になっても隙間がなくキレイなままの歯並びの方が問題です。
これは顎の成長が少なくて隙間が作られなかったためで、その後に生えてくる永久歯の歯列にトラブルが発生する恐れがあるのです。
他には、指しゃぶりや舌を突き出す癖がないか、前歯の咬み合わせが反対になっていないか、奥歯を咬み合わせた時に横にずれていないか、を注意して見て上げて下さい。
歯科の矯正治療は早目に開始するのが得策です。
何か気になる兆候があったら、早目に矯正歯科医に相談されて下さい。