乳歯が早い段階で抜けてしまったら

子供は一般的には6才~12才にかけて乳歯が永久歯に生え変わっていきます。
乳歯と永久歯の両方が混在しているため、この期間を「混合歯列期」とも呼ばれています。
この混合歯列期に一生付き合う事になる永久歯列がどのように並ぶかが決定するので、お子さんの成長の中で重要な時期と言えるのです。
乳歯の下には永久歯の種のようなものが存在していて、生えてくる前から少しずつ成長しています。
しかし、この乳歯がむし歯になったり根元が病気になったりすると、後から生えてくる永久歯の成長を妨げて変色させたり位置異常の原因となることがあるのです。
もし、むし歯などが原因で乳歯が早い段階で抜けてしまうと、両隣の歯が抜けた部分に倒れてきて永久歯が正常に生え変わるための必要十分な場所を得られなくなってしまうことがあります。
元々生えるべき場所を失った永久歯は斜めに生えたり重なって生えたりするため、結果的に歯並びが悪くなってしまうのです。
お子さんそれぞれで個人差がありますが、一般的には6才頃から永久歯への生え変わりが始まります。
最初に生えてくる永久歯は奥歯(第一大臼歯)で、この歯は噛み合わせの中心となる大切な歯になります。
この歯は乳歯の奥に生えてくる磨きにくい歯ですので、大切なこの時期にむし歯になせないように特に注意が必要なのです。
乳歯が永久歯に生え変わる時期には、特に異常がなくても定期的に歯科医院を受診し歯の状態のチェックを受けられる事をお勧めします。