子供の歯磨き粉の選び方

甘い物が大好き、ジュースが大好き、そんな時期の子供はむし歯になるリスクが高くなっています。
だからこそむし歯予防としての毎日の歯磨きが大切になってくるのです。
子供の歯磨き粉の選び方としては、まずフッ素入りを選ばれることをおすすめします。
歯磨き粉の成分表示に、フッ化第一スズ、モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)、フッ化ナトリウム、などの表示のあるものがフッ素になります。
フッ素の濃度が低くなければ、どのフッ素でも効果は同じで市販されている子供用歯磨き粉のほとんどにフッ素は含まれており、一定のむし歯予防効果が期待できるのです。
フッ素入りの歯磨き粉を使うと、歯磨きも、しばらくの間は口の中にフッ素が残ってむし歯予防効果を発揮します。
そのため、歯磨き後のうがいを何回も過度にしたり、歯磨きが終わってからすぐに何かを飲んだり食べたりするとフッ素の効果を減らしてしまいますので避けて下さい。
歯磨き粉を使い始めの際に飲み込むことが多かったり、上手くうがいができない時は、歯磨き粉を使うのが早いのかもしれません。
そのような時は、フッ素洗口液を歯ブラシにつけて磨く方法を選んで下さい。これらの方法はフッ素の濃度が低いため、万が一飲み込んでも問題はありません。